Author Takahashi, Terukazu|
Published Date 2003
Publication Title 文化共生学研究
Volume volume1
Issue issue1
Content Type Departmental Bulletin Paper
JaLCDOI 10.18926/1605
Author Takeshima, Ayumi|
Published Date 2010-03-26
Publication Title 文化共生学研究
Volume volume9
Content Type Departmental Bulletin Paper
JaLCDOI 10.18926/1121
FullText URL 12_T001_T017.pdf
Author 森安 雅子|
Publication Title 岡山大学大学院文化科学研究科紀要
Published Date 2001-11
Volume volume12
Issue issue1
Start Page 1
End Page 17
language 日本語
File Version publisher
NAID 120002306031
JaLCDOI 10.18926/1127
FullText URL 12_T045_T058.pdf
Author 金 文峰|
Abstract 『徒然草』第十三段には次のような記述がある。ひとり灯の下にて文をひろげて、見ぬ世の人を友とする、こよなう慰むわざなり。文は、文選のあはれなる巻々、自民の文集、老子の言葉、南華の篇。此国の博士どもの書ける物も、いにしへのはあはれなること多かり。ここで兼好は「文」の代表として『文選』『自民文集』(以下本論文においては『文集』とする)『老子』『荘子』の四つの書物を挙げている。本論文では、この四書の中の『文集』に注目し、『徒然草』における『文集』受容の様相を具体的に考察してみたい。
Publication Title 岡山大学大学院文化科学研究科紀要
Published Date 2001-11
Volume volume12
Issue issue1
Start Page 45
End Page 58
language 日本語
File Version publisher
NAID 120002306068
JaLCDOI 10.18926/1249
FullText URL 14_T001_T018.pdf
Author 金 文峰|
Publication Title 岡山大学大学院文化科学研究科紀要
Published Date 2002-11
Volume volume14
Issue issue1
Start Page 1
End Page 18
language 日本語
File Version publisher
NAID 120002305923
JaLCDOI 10.18926/1185
FullText URL 13_T055_0068.pdf
Author 金 文峰|
Publication Title 岡山大学大学院文化科学研究科紀要
Published Date 2002-03
Volume volume13
Issue issue1
Start Page 55
End Page 68
language 日本語
File Version publisher
NAID 120002306093
Author Tsuji, Seiji|
Published Date 2007
Publication Title 文化共生学研究
Volume volume5
Issue issue1
Content Type Departmental Bulletin Paper
JaLCDOI 10.18926/10976
JaLCDOI 10.18926/1210
FullText URL 13_0015_0031.pdf
Author 下河部 行輝|
Publication Title 岡山大学大学院文化科学研究科紀要
Published Date 2002-03
Volume volume13
Issue issue1
Start Page 15
End Page 31
language 日本語
File Version publisher
NAID 120002306043
JaLCDOI 10.18926/1133
FullText URL 12_0001_0010.pdf
Author 下河部 行輝|
Publication Title 岡山大学大学院文化科学研究科紀要
Published Date 2001-11
Volume volume12
Issue issue1
Start Page 1
End Page 10
language 日本語
File Version publisher
NAID 120002305922
JaLCDOI 10.18926/1079
Title Alternative Production of virus free plant of Petasites japonicus Fr. Schmidt(Compositae) by apex culture
FullText URL 11_0001_0008.pdf
Author 下河部 行輝|
Publication Title 岡山大学大学院文化科学研究科紀要
Published Date 2001-03
Volume volume11
Issue issue1
Start Page 1
End Page 8
language 日本語
File Version publisher
NAID 120002306106
JaLCDOI 10.18926/974
FullText URL 10_0001_0013.pdf
Author 下河部 行輝|
Keywords 四洲志 魏源増補 海国圖志
Publication Title 岡山大学大学院文化科学研究科紀要
Published Date 2000-11
Volume volume10
Issue issue1
Start Page 1
End Page 13
language 日本語
File Version publisher
NAID 120002304351
JaLCDOI 10.18926/1308
FullText URL 15_0163_0173.pdf
Author 中村 暁子|
Publication Title 岡山大学大学院文化科学研究科紀要
Published Date 2003-03
Volume volume15
Issue issue1
Start Page 163
End Page 173
language 日本語
File Version publisher
NAID 120002306052
JaLCDOI 10.18926/1372
FullText URL 17_0197_0217.pdf
Author 河本 純子|
Publication Title 岡山大学大学院文化科学研究科紀要
Published Date 2004-02
Volume volume17
Issue issue1
Start Page 197
End Page 217
language 日本語
File Version publisher
NAID 120002305926
JaLCDOI 10.18926/1093
FullText URL 11_0027_0041.pdf
Author 竹田 稔和|
Publication Title 岡山大学大学院文化科学研究科紀要
Published Date 2001-03
Volume volume11
Issue issue1
Start Page 27
End Page 41
language 日本語
File Version publisher
NAID 120002305991
JaLCDOI 10.18926/1225
FullText URL 13_0069_0081.pdf
Author 呉 紅哲|
Abstract 日本語の「ダロウ」には、推量の用法と確認要求の用法がある。一方、中国語の文末語気詞「吧(ba)」にも日本語の「ダロウ」と対応する用法がある。この論文では、対話にしか現れない日本語の確認要求の用法がどういう場合に中国語の「吧(ba)」と対応し、またどういう場合に対応しないのかを考察する。
Keywords 推量 確認要求
Publication Title 岡山大学大学院文化科学研究科紀要
Published Date 2002-03
Volume volume13
Issue issue1
Start Page 69
End Page 81
language 日本語
File Version publisher
NAID 120002305951
JaLCDOI 10.18926/1363
FullText URL 17_0017_0032.pdf
Author 尾崎 奈津|
Publication Title 岡山大学大学院文化科学研究科紀要
Published Date 2004-02
Volume volume17
Issue issue1
Start Page 17
End Page 32
language 日本語
File Version publisher
NAID 120002306073
JaLCDOI 10.18926/1085
FullText URL 11_0009_0026.pdf
Author Takahashi, Terukazu|
Keywords シーボルト旧蔵日本植物と図譜コレクション 宇多川榕菴
Publication Title 岡山大学大学院文化科学研究科紀要
Published Date 2001-03
Volume volume11
Issue issue1
Start Page 9
End Page 26
language 日本語
File Version publisher
NAID 120002306091
JaLCDOI 10.18926/1139
FullText URL 12_0033_0040.pdf
Author Takahashi, Terukazu|
Keywords シーボルト旧蔵日本植物と図譜コレクション 宇多川榕菴
Publication Title 岡山大学大学院文化科学研究科紀要
Published Date 2001-11
Volume volume12
Issue issue1
Start Page 33
End Page 40
language 日本語
File Version publisher
NAID 120002306058
JaLCDOI 10.18926/1301
FullText URL 15_0073_0087.pdf
Author 金 善美|
Publication Title 岡山大学大学院文化科学研究科紀要
Published Date 2003-03
Volume volume15
Issue issue1
Start Page 73
End Page 87
language 日本語
File Version publisher
NAID 120002305953
JaLCDOI 10.18926/13282
Title Alternative On the Steams of Sanbutaro
FullText URL 25b_013_027.pdf
Author Takamori, Nozomi|
Abstract 「さんぶ太郎」は人間の男と大蛇の女から生まれた巨人である。男と女が出会い、結婚をし、さんぶ太郎が生まれる。ある日女が大蛇であることが分かり、女は男とさんぶ太郎の前から去る。その後さんぶ太郎は京まで三歩で行けるほど成長したが、恋敵または恋人により殺される。 その物語は美作地方で伝承されており、現在では多くの本に収録されている。この「さんぶ太郎」薄のテクストの中に、主人公のさんぶ太郎が美作地方に土着した菅家の子孫で、中世に美作地方で活躍した菅原三穂太郎浦佐という実在の人物であることが記されているものがある。その大半はさんぶ太郎の父親が菅家の末商であることを簡潔に記しているだけであるが、いくつかのテクストではさんぶ太郎の父親に至るまでの流れや、さんぶ太郎以後活躍した子孫について詳しく記している。 次ページに「さんぶ太郎」帯のテクスト一覧を掲げ、さんぶ太郎の家系について全く記さないものには「×」、詳細ではないが、さんぶ太郎が菅家の末商であることやさんぶ太郎の子どもが菅家七流と呼ばれていることを記すものには「△」、さんぶ太郎の家系について詳しく記すものには「○」をそれぞれ右端の欄に記している。本稿では、この「○」を付した、さんぶ太郎の家系を詳しく記すテクストを取り上げ、その歴史性を検証しておきたい。その作業は、暖昧模糊とした「さんぶ太郎」帯の成立に関して、明確ではないながらも、一つの輪郭線を引くことを可能にするであろう。
Publication Title 岡山大学大学院社会文化科学研究科紀要
Published Date 2008-03-31
Volume volume25
Issue issue1
Start Page 13
End Page 27
ISSN 18811671
language 日本語
Copyright Holders 岡山大学大学院社会文化科学研究科
File Version publisher
NAID 120002310529