JaLCDOI 10.18926/13239
FullText URL 24_027_033.pdf
Author Yoshioka, Fumio|
Publication Title 岡山大学大学院社会文化科学研究科紀要
Published Date 2007-11
Volume volume24
Issue issue1
Start Page 27
End Page 33
language 英語
Copyright Holders 岡山大学大学院社会文化科学研究科
File Version publisher
NAID 120002310566
JaLCDOI 10.18926/14181
FullText URL 26_17.pdf
Author Yoshioka, Fumio|
Publication Title 岡山大学大学院社会文化科学研究科紀要
Published Date 2008-11-28
Volume volume26
Issue issue1
Start Page 17
End Page 27
ISSN 1881-1671
language 英語
Copyright Holders 岡山大学大学院社会文化科学研究科
File Version publisher
NAID 120002308576
JaLCDOI 10.18926/17868
FullText URL 028_053_063.pdf
Author Yoshioka, Fumio|
Publication Title 岡山大学大学院社会文化科学研究科紀要
Published Date 2009-11-27
Volume volume28
Start Page 53
End Page 63
ISSN 1881-1671
language 英語
Copyright Holders 岡山大学大学院社会文化科学研究科
File Version publisher
NAID 120002308716
JaLCDOI 10.18926/1454
FullText URL 22_0011_0023.pdf
Author 吉岡 文夫|
Publication Title 岡山大学大学院社会文化科学研究科紀要
Published Date 2006-11
Volume volume22
Issue issue1
Start Page 11
End Page 23
language 英語
File Version publisher
NAID 120002305927
JaLCDOI 10.18926/1309
FullText URL 15_0175_0186.pdf
Author 生田 夏樹|
Publication Title 岡山大学大学院文化科学研究科紀要
Published Date 2003-03
Volume volume15
Issue issue1
Start Page 175
End Page 186
language 日本語
File Version publisher
NAID 120002306115
JaLCDOI 10.18926/14183
Title Alternative 在日留学生と日本人の対人関係形成とソーシャルスキル
FullText URL 26_45.pdf
Author Nakajima, Minako| Tanaka, Tomoko|
Abstract This study investigated what kind of social skills international students staying in Japan learn and use throughout their stay which are significant fur funning relationships with Japanese. Informants were international students who have been staying in Japan for at least two years. Semi-structured interviews were carried out on 12 students from various countries. These interview responses were analyzed by using the KJ method and contenr analysis. The analysis revealed three major categories of specific Japanese skills: politeness, especially toward their proffessors; keeping harmony instead of insisting their opinions all the time; and steps for closeness, which means to take time to be close to others. We also found that they switched behaviors when selecting the appropriate acquired social skill and changed levels of using social skills depending on the context and people with whom they interacted.
Abstract Alternative 本研究では、日本に滞在する留学生が、日本人との対人関係においてどのようなソーシャルスキルを学び、実行しているかを調査した。2年以上に渡る比較的長期間、日本に滞在する留学生12名を対象に半構造面接を行った。留学生が用いるスキルについてKJ法と内容分析を用いて分析を行った結果、教師に対しての礼儀正しさ、自分の意見を主張するのではなく和を保つ、そして親密になるのに時間をかけるという3つのカテゴリーを日本文化特有のスキルとして獲得していることが分かった。また獲得されたソーシャルスキルを文脈や相手に応じて選択したり、水準を変えたりする行動のスイッチングも見られた。
Publication Title 岡山大学大学院社会文化科学研究科紀要
Published Date 2008-11-28
Volume volume26
Issue issue1
Start Page 45
End Page 59
ISSN 1881-1671
language 英語
Copyright Holders 岡山大学大学院社会文化科学研究科
File Version publisher
NAID 120002308325
JaLCDOI 10.18926/9055
Author Kamiya, Hidehiko|
Keywords higher-order voronoi diagrams
Publication Title 北東アジア経済研究
Published Date 2004
Volume volume1
Issue issue1
Start Page 207
End Page 216
ISSN 1880-8476
language 英語
File Version publisher
NAID 40007119137
Author Tanaka, Tomoko| Yoshida, Kaoru|
Published Date 2005
Publication Title 文化共生学研究
Volume volume3
Issue issue1
Content Type Departmental Bulletin Paper
JaLCDOI 10.18926/9008
Author Tanaka, Tomoko| Tanaka, Koji| Hyodo, Yoshimi|
Published Date 2004
Publication Title 文化共生学研究
Volume volume2
Issue issue1
Content Type Departmental Bulletin Paper
JaLCDOI 10.18926/8964
JaLCDOI 10.18926/13238
FullText URL 24_011_025.pdf
Author Tahara, Nobuko|
Abstract This paper analyses an English text in ternlS of major English text patterns, general-specific, claim-counterclainl/hypothetical-real and problem-solution, by making use of 'signaling vocabulary' that has the role of indicating the functional segments of the patterns. The results, by supporting a discourse role of signaling vocabulary, exhibited a mix of the three patterns, with some kind of a variation from a typical pattern, in the overall and subordinate structures. At the same time the analysis made clear that some vocabulary items, such as superordinates and advance labels, have a discourse marking role and help create the text patterns. The results suggest discourse-based vocabulary teaching can be used for raising students' awareness of English text patterns.
Publication Title 岡山大学大学院社会文化科学研究科紀要
Published Date 2007-11
Volume volume24
Issue issue1
Start Page 11
End Page 25
language 英語
Copyright Holders 岡山大学大学院社会文化科学研究科
File Version publisher
NAID 120002310504
JaLCDOI 10.18926/17871
FullText URL 028_103_121.pdf
Author Zaw Soe Min|
Publication Title 岡山大学大学院社会文化科学研究科紀要
Published Date 2009-11-27
Volume volume28
Start Page 103
End Page 121
ISSN 1881-1671
language 英語
Copyright Holders 岡山大学大学院社会文化科学研究科
File Version publisher
NAID 120002308730
Author Toshiro Matsumoto|
Published Date 2003
Publication Title 文化共生学研究
Volume volume1
Issue issue1
Content Type Departmental Bulletin Paper
JaLCDOI 10.18926/8897
JaLCDOI 10.18926/13307
Title Alternative 在日留学生による第二・第三言語の使用における日本的文脈の役割
FullText URL 25_045_059.pdf
Author Tanaka, Tomoko| Simic Mira|
Publication Title 岡山大学大学院社会文化科学研究科紀要
Published Date 2008-03-31
Volume volume25
Issue issue1
Start Page 45
End Page 59
ISSN 18811671
language 英語
Copyright Holders 岡山大学大学院社会文化科学研究科
File Version publisher
NAID 120002310597
JaLCDOI 10.18926/13237
FullText URL 24_001_010.pdf
Author Michel de Boissieu|
Publication Title 岡山大学大学院社会文化科学研究科紀要
Published Date 2007-11
Volume volume24
Issue issue1
Start Page 1
End Page 10
language フランス語
Copyright Holders 岡山大学大学院社会文化科学研究科
File Version publisher
NAID 120002310633
JaLCDOI 10.18926/17860
FullText URL 028_013_026.pdf
Author Boissieu de Michel|
Publication Title 岡山大学大学院社会文化科学研究科紀要
Published Date 2009-11-27
Volume volume28
Start Page 13
End Page 26
ISSN 1881-1671
language フランス語
Copyright Holders 岡山大学大学院社会文化科学研究科
File Version publisher
NAID 120002308765
JaLCDOI 10.18926/13282
Title Alternative On the Steams of Sanbutaro
FullText URL 25b_013_027.pdf
Author Takamori, Nozomi|
Abstract 「さんぶ太郎」は人間の男と大蛇の女から生まれた巨人である。男と女が出会い、結婚をし、さんぶ太郎が生まれる。ある日女が大蛇であることが分かり、女は男とさんぶ太郎の前から去る。その後さんぶ太郎は京まで三歩で行けるほど成長したが、恋敵または恋人により殺される。 その物語は美作地方で伝承されており、現在では多くの本に収録されている。この「さんぶ太郎」薄のテクストの中に、主人公のさんぶ太郎が美作地方に土着した菅家の子孫で、中世に美作地方で活躍した菅原三穂太郎浦佐という実在の人物であることが記されているものがある。その大半はさんぶ太郎の父親が菅家の末商であることを簡潔に記しているだけであるが、いくつかのテクストではさんぶ太郎の父親に至るまでの流れや、さんぶ太郎以後活躍した子孫について詳しく記している。 次ページに「さんぶ太郎」帯のテクスト一覧を掲げ、さんぶ太郎の家系について全く記さないものには「×」、詳細ではないが、さんぶ太郎が菅家の末商であることやさんぶ太郎の子どもが菅家七流と呼ばれていることを記すものには「△」、さんぶ太郎の家系について詳しく記すものには「○」をそれぞれ右端の欄に記している。本稿では、この「○」を付した、さんぶ太郎の家系を詳しく記すテクストを取り上げ、その歴史性を検証しておきたい。その作業は、暖昧模糊とした「さんぶ太郎」帯の成立に関して、明確ではないながらも、一つの輪郭線を引くことを可能にするであろう。
Publication Title 岡山大学大学院社会文化科学研究科紀要
Published Date 2008-03-31
Volume volume25
Issue issue1
Start Page 13
End Page 27
ISSN 18811671
language 日本語
Copyright Holders 岡山大学大学院社会文化科学研究科
File Version publisher
NAID 120002310529
JaLCDOI 10.18926/1301
FullText URL 15_0073_0087.pdf
Author 金 善美|
Publication Title 岡山大学大学院文化科学研究科紀要
Published Date 2003-03
Volume volume15
Issue issue1
Start Page 73
End Page 87
language 日本語
File Version publisher
NAID 120002305953
JaLCDOI 10.18926/1085
FullText URL 11_0009_0026.pdf
Author Takahashi, Terukazu|
Keywords シーボルト旧蔵日本植物と図譜コレクション 宇多川榕菴
Publication Title 岡山大学大学院文化科学研究科紀要
Published Date 2001-03
Volume volume11
Issue issue1
Start Page 9
End Page 26
language 日本語
File Version publisher
NAID 120002306091
JaLCDOI 10.18926/1139
FullText URL 12_0033_0040.pdf
Author Takahashi, Terukazu|
Keywords シーボルト旧蔵日本植物と図譜コレクション 宇多川榕菴
Publication Title 岡山大学大学院文化科学研究科紀要
Published Date 2001-11
Volume volume12
Issue issue1
Start Page 33
End Page 40
language 日本語
File Version publisher
NAID 120002306058
JaLCDOI 10.18926/1363
FullText URL 17_0017_0032.pdf
Author 尾崎 奈津|
Publication Title 岡山大学大学院文化科学研究科紀要
Published Date 2004-02
Volume volume17
Issue issue1
Start Page 17
End Page 32
language 日本語
File Version publisher
NAID 120002306073