このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 11130
Eprint ID
11130
フルテキストURL
タイトル(別表記)
Relationship between Glutamate Accumulation and Ethylene Synthesis in Tomato Fruit during Ripening
著者
稲葉 昭次 岡山大学
中務 明 岡山大学
久保 康隆 岡山大学
中村 怜之輔 岡山大学
抄録
The effect of ethylene on the accumulation of glutamate in the fruit of normal tomato ('Rutgers' and 'Momotaro')and ripening inhibitor mutant (rin) tomato(Lycopersicon esculentum Mill.) during ripening was investigated.As fruit ripening progresse,glutamate content in the fruit pericarp tissue increased greatly in 'Rutgers' but remained low and constant level in rin tomato.Glutamine and γ-aminobutyric acid contents decreased gradually during ripening in both 'Rutgers'and rin fruit.Relatively high activities of glutamate dehydrogease,glutamate synthase and glutamine synthetase were detected throughout fruit ripening in both varieties,whereas no relationship was observed between glutamate content and the enzyme activieies.Treatment of 'Momotaro'fruit with diazocyclopentadience,an inhibitro of ethylene action,inhibited the increase in ethylene production and glutamate accumlation which are associated with fruit ripening,suggesting that glutamate accumlation may be mediated through ethylene.However,glumamate content in rin fruit treatde with exogenous ethylene remained low and unchanged uitil after four days.The results indicate that accumulation of glutamete in tomato fruit is likely to be related to the ripening process apart from the direct role of ethylene.
抄録(別表記)
トマト果実の成熟に伴うグルタミン酸蓄積とエチレンとの関係を’Rutgers’、’桃太郎’およびrinを用いて調べた。1.’Rutgers’果実では、追熟に伴ってグルタミン酸含有が急激に増加したが、rin果実ではほとんど変化しなかった。グルタミンとγ-アミノ酪酸含量は両果実ともに追熟に伴って減少した。2.グルタミン酸代謝関連酵素として、グルタミン酸脱水素酵素、グルタミン酸合成酵素およびグルタミン合成酵素の追熟中の活性変化を調べたところ、’Rutgers’およびrin果実ともに高い活性を示した。3.’桃太郎’果実にDACP処理すると、追熟の進行に伴うエチレン生成の増加が抑制され、同時にグルタミン酸の蓄積を誘導しなかったが、6日後には増加した。5.以上のことより、トマト果実の成熟に伴うグルタミン酸の蓄積はエチレン生成によるものではなく、成熟に伴う現象であるように思われた。
キーワード
ethylene
glutamic acid
diazocyclopentadiene
tomato
rin
発行日
1995-02-01
出版物タイトル
岡山大学農学部学術報告
出版物タイトル(別表記)
Scientific reports of the Faculty of Agriculture, Okayama University
84巻
1号
出版者
岡山大学農学部
出版者(別表記)
Faculty of Agriculture,Okayama University
開始ページ
31
終了ページ
35
ISSN
0474-0254
NCID
AN00033029
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
srfa