このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 15306
Eprint ID
15306
フルテキストURL
タイトル(別表記)
気管支喘息における気道内への好中球の出現とその意義 換気機能と関連して
著者
谷崎 勝朗 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
貴谷 光 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
岡崎 守宏 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
御舩 尚志 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
光延 文裕 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
谷水 将邦 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
本家 尚子 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
草浦 康浩 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
木村 郁郎 岡山大学医学部第二内科 
抄録
Ventilatory function was compared between two age-matched asthma groups : group A (study group) consists of 8 patients with bronchial asthma with marked neutrophilia (20% or more) in the BAL fluid and group B (control group) of 8 patients with neutrophils (less than 5% of total BAL cells). The values of six ventilatory parameters were lower in group A than in group B, and a significant difference was found in FEV(1.0%), % MMF, % V(50) and % V(25) between groups A and B. Of these parameters, the value of % V(25) was markedly decreased in group A compared with group B. The results show that ventilatory dysfunction in airways, especially in small airways, is closely correlated to increased number of neutrophils in BAL fluid.
抄録(別表記)
気管支喘息を対象に,年令をmatchさせた2つのグループ,すなわち,気管支肺胞洗浄液(BALF)中の好中球の出現頻度が20%以上の8症例(グループA)と,BALF中の好中球の出現頻度が5%以下の8症例(グループB)における換気機能について比較検討を行った。6つの換気パラメーターは,全般的にグループAにおいてグループBに比べ低い傾向が見られ,FEV(1.0%),% MMF,% V(50)および% V(25)値は,いずれもグループAにおいて有意に低い値が示された。これらのパラメーターのうち,% V(25)値はグループBに比べグループAにおいて著明に低い値が示された。これらの結果は,気道における換気障害,特に小ないし細気管支領域の換気障害は,BALF中の好中球の出現頻度とある程度関連していることを示すものと考えられた。
キーワード
ventilatory function (換気機能)
neutrophils in BAL fluid (好中球, BAL)
small airways (細気管支)
bronchial asthma (気管支喘息)
発行日
1992-06
出版物タイトル
岡大三朝分院研究報告
出版物タイトル(別表記)
Annual Reports of Misasa Medical Branch, Okayama University Medical School
63巻
出版者
岡山大学医学部附属病院三朝分院
出版者(別表記)
Misasa Medical Branch, Okayama University Medical School
開始ページ
25
終了ページ
29
ISSN
0913-3771
NCID
AN10430852
資料タイプ
紀要論文
言語
English
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
mmc