このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 15338
Eprint ID
15338
フルテキストURL
タイトル(別表記)
Immunotherapy in house dust mite sensitive asthma
著者
岡崎 守宏 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
貴谷 光 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
御舩 尚志 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
光延 文裕 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
谷水 将邦 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
本家 尚子 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
草浦 康浩 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
谷崎 勝朗 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
抄録
ダニ喘息はアトピー型喘息の典型であるが,これに対する根本療法としてアレルゲンであるハウスダストを皮下注射する免疫療法が臨床でおこなわれている。70-80%の有効性が報告されているが,その作用機序はいまだ不明である。この稿においては特異的IgE抗体,特異的IgG抗体,特異的lgG4抗体,抗イディオタイプ抗体,肥満細胞の反応性,リンパ球の役割について総説する。また新たな試みとしてのallergen antibody complexを使った免疫療法,ペプタイドを使用する治療の可能性についても言及する。
抄録(別表記)
Immunotherapy with house dust extract is employed as a treatment of patients with house dust mite sensitive bronchial asthma. Although 70-80% efficacy of the treatment is reported, mechanisms of its efficacy are not clear yet. In this paper, reported studies of IgE antibody, IgG antibody, IgG4 antibody, antiidiotypic antibody, reactivity of mast cells and function of lymphocytes are reviewed. A new type of immunotherapy with allergen antibody immune complex and a potential use of influenza virus hemaglutinin peptide analogue are also referred.
キーワード
ダニ喘息 (House dust mite sensitive bronchial asthma)
免疫療法 (lmmunotherapy)
発行日
1992-06
出版物タイトル
岡大三朝分院研究報告
出版物タイトル(別表記)
Annual Reports of Misasa Medical Branch, Okayama University Medical School
63巻
出版者
岡山大学医学部附属病院三朝分院
出版者(別表記)
Misasa Medical Branch, Okayama University Medical School
開始ページ
117
終了ページ
122
ISSN
0913-3771
NCID
AN10430852
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
OAI-PMH Set
岡山大学
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Sort Key
22
Eprints Journal Name
mmc