このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 165
Eprint ID
165
フルテキストURL
タイトル(別表記)
雄モルモットの恥骨縫合の弛緩に対するリラキシンと性ホルモンの影響
著者
湯原 正高 岡山大学
和田 宏 岡山大学
抄録
No synergism of relaxin and androgen on symphyseal relaxation was demonstrated using guinea pig. The sympysis pubis of the male guinea pig hardly responded to the combination of relaxin and ovarian horsmones after its ossification, but there is a posibility of the relaxation befor the ossification by the treatment of these hormones.
発行日
1963
出版物タイトル
岡山大学農学部学術報告
出版物タイトル(別表記)
Scientific Reports of the Faculty of Agriculture Okayama University
21巻
1号
出版者
岡山大学農学部
出版者(別表記)
Faculty of Agriculture, Okayama University
開始ページ
59
終了ページ
61
ISSN
0474-0254
NCID
AN00033029
資料タイプ
紀要論文
言語
English
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
srfa