このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 19779
Eprint ID
19779
フルテキストURL
タイトル(別表記)
Spa therapy for bronchial asthma-Clinical effects of inhalation of iodine salt soluions.
著者
谷崎 勝朗 岡山大学三朝分院内科
周藤 真康 岡山大学三朝分院内科
貴谷 光 岡山大学三朝分院内科
荒木 洋行 岡山大学三朝分院内科
抄録
気管支喘息20例を対象に,ヨードゾル吸入療法を行ない,その臨床効果について検討を加えた。1.ヨードゾル2週間吸入後の臨床効果判定では,著効4例(20%),有効11例(75%),やや有効4例(20%),無効1例(5%)であり,有効以上の明らかな有効例は20例中15例(75%)であった。また臨床病型別の効果の検討では,明らかな有効例は,Ⅰa.気管支攣縮型では9例中6例(66.7%),Ⅰb.気管支攣縮+過分泌型では9例中7例(77.8%)であった。一方,Ⅱ.細気管支閉塞型では2例いずれも有効であった。2.ヨードゾル1回吸入後の換気機能の改善率は,FVC8.5%,FEV(1.0)11.0%,PEFR9.7%,MMF12.2%, V(50)14.4%, V(25)14.8%であり,閉塞性換気障害を示すパラメーターの改善率がやや高く,なかでも小さい気道の換気障害と関連の深いMMFやV(25)の改善率が高い傾向がみられた。
抄録(別表記)
Clinical effects of inhalation therapy by iodine salt solutions were studied in 20 patients with bronchial asthma. 1. Inhalation therapy by iodine salt solutions was markedly effective in 4 cases (20%), moderately in 11 cases (55%), slightly in 4 cases (20%) and not effective in 1 case (5 % ). Number of the effective cases was 6 (66.7%) out of 9 cases with bronchospasm type (Ⅰa), and 7 (77.8%) out of 9 cases with bronchospasm+ hypersecretion type (Ⅰb), respectively. The inhalation therapy was also effective in all two cases with bronchiolar obstruction type (Ⅱ). 2. % Improvement of ventilatory function after inhalation of iodine salt solution was 8.5% in FVC, 11.0% in FEV(1.0), 9.7% in PEFR, 12.2% in MMF, 14.4% in V(50) and 14.8% in V(25). The % increase in ventilatory function was higher in the parameters such as MMF and V(25), representihg ventilatory disturbance of small airways.
キーワード
気管支喘息 (Bronchial asthma)
ヨードゾル吸入 (Inhalation of iodine salt sotutlon)
温泉療法 (Spa therapy)
換気機能 (Ventilatory function)
発行日
1989-07
出版物タイトル
環境病態研報告
出版物タイトル(別表記)
Papers of the Institute for Environmental Medicine, Okayama University Medical Scool
60巻
出版者
岡山大学医学部附属環境病態研究施設, 岡山大学医学部附属病院三朝分院
出版者(別表記)
Institute for Environmental Medicine, Okayama University Medical Scool
開始ページ
19
終了ページ
24
ISSN
09133771
NCID
AN10084718
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
mmc