このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 20495
Eprint ID
20495
フルテキストURL
タイトル(別表記)
Relationship between X-ray Exposure and Patient Dose on the Radiological Diagnosis
著者
中桐 義忠 岡山大学医療技術短期大学部診療放射線技術学科
東 義晴 岡山大学医療技術短期大学部診療放射線技術学科
渋谷 光一 岡山大学医療技術短期大学部診療放射線技術学科
後藤 佐知子 岡山大学医療技術短期大学部診療放射線技術学科
丸山 敏則 岡山大学医療技術短期大学部診療放射線技術学科
杉田 勝彦 岡山大学医療技術短期大学部診療放射線技術学科
園山 真世
森岡 泰樹 岡山大学医学部附属病院中央放射線部
稲村 圭司 岡山大学医学部附属病院中央放射線部
田原 誠司 岡山大学医学部附属病院中央放射線部
宇野 弘文 岡山大学医学部附属病院中央放射線部
門久 繁文 岡山大学医学部附属病院中央放射線部
井上 龍也 岡山大学医学部附属病院中央放射線部
平木 祥夫 岡山大学医学部附属病院中央放射線部
抄録
Patient dose is important consideration in the radiological examination and our environment regarding radiation. Many studies have been published about patient dose, but those data were classified by each organ or tissue. Actuarially, patient dose should be checked by each examined part of patient and each exposure equipment. In this paper, we measured absorbed dose at the depth of 0-200mm with the Mix-DP phantom. The phantom is made by tissue equivalent meterial and is designed to similitude abdominal part. Percentage Depth Dose (PDD) was calculated from these doses. Three single-phase generators and three three-phases generators were used in this measurement. These measurements were analyzed by each equipment, and consequently the clear difference of PDD between the exposure equipments was not found. As the result, we can estimate patient dose at a random depth by using PDD. Furthermore, we can easily know patient dose from the tube-voltage and current time product by the calculation including PDD.These data are very useful to manager patient dose on radiological diagnosis.
キーワード
医用放射線被曝 (patient dose)
X線撮影条件 (X-ray exposure)
線量測定 (Radiation dosimetry)
備考
論文
発行日
1995-12-20
出版物タイトル
環境制御
出版物タイトル(別表記)
Environmental Research and Control
17巻
出版者
岡山大学環境管理センター
出版者(別表記)
Okayama University Administration Center for Environmental Science and Technology
開始ページ
63
終了ページ
70
ISSN
0917-1533
NCID
AN1024789X
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
査読
有り
Eprints Journal Name
erc