このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 21102
Eprint ID
21102
タイトル(別表記)
Research for carbon dioxide bathing IV, Thermal effect of artificial CO(2)-bathing
著者
萬 秀憲 花王石鹸株式会社栃木研究所
久保 裕一郎 花王石鹸株式会社栃木研究所
江口 泰輝 花王石鹸株式会社栃木研究所
砂川 満 岡山大学温泉研究所リハビリテーション医学部門
河本 知二 岡山大学温泉研究所リハビリテーション医学部門
古元 嘉昭 岡山大学温泉研究所リハビリテーション医学部門
古元 順子 岡山大学医学部附属病院三朝分院リハビリテーション部
抄録
1) 炭酸塩と,コ-ク酸からなる錠剤型の「炭酸ガス浴剤」の保温作用を健康な男子8名について,サ-モグラフィーを用いて測定した. 入浴10分後の比較で明らかに,炭酸ガス浴はよく温まった結果,表面温度が高くなっている. 2) 腰痛,四肢冷感,その他の患者24名での臨床評価の結果,患者の90%以上が手足が温まり,湯ざめしにくいことを認めた.また,患者の85%は痛みがやわらぐことを認めた. 3) 主婦664名を対象とした使用評価の結果,常時手足の冷感を訴える者の63.6%,身体の疲労感・だるさ56.5%に効果を認めていることがわかった. 4) 副作用は全く認められなかった.
抄録(別表記)
The artificial CO(2)-bath was prepared with a tablet (50g), made from sodium bicarbonate and succinic acid, putting simply in plain water bathtub of 150-200 litre at 40℃. Thermal effect was evaluated by means of thermography in healthy 8 men; temperature areas of 34.5℃ or greater were recorded in average compared to a plain bathing and to an artificial Na(2)SO(4)-NaHCO(3) one 10 minutes later. Clinical evaluation by questionnairings of 24 patients suffering mainly from lumbago and 4-extremity coldness revealed a long lasting peripheral warmth in 90% and the ease from pain in 85%. The artificial CO(2)-bathing was effective for women whose health were adversely affected by the cold in 63.6% and for general fatigue or dullness in 56.5% of 664 female volunteers whom the questionnairings were conducted to. No side effect was encountered in the survey.
備考
原著論文 (Original Papers)
発行日
1984-03-25
出版物タイトル
岡山大学温泉研究所報告
出版物タイトル(別表記)
Papers of the Institute for Thermal Spring Research, Okayama University
54巻
出版者
岡山大学温泉研究所
出版者(別表記)
Institute for Thermal Spring Research, Okayama University
開始ページ
1
終了ページ
12
ISSN
0369-7142
NCID
AN00032853
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
OAI-PMH Set
岡山大学
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Sort Key
3
Eprints Journal Name
mmc