このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 21324
Eprint ID
21324
フルテキストURL
タイトル(別表記)
Determination of Dissolved Gases in the Ground Water at Mt. Daisen
著者
渡辺 晃二 岡山大学温泉研究所地質学部門
奥野 孝晴 岡山大学温泉研究所
抄録
鳥取県大山火山の西北麓の地下水中に潜存するガス成分比は Ar : 0.34~0.40 (cc/l) 1.48~1.64 (%) O(2) : 6.69~9.08 (cc/l) 27.92~35.30 (%) N(2) : 15.16~17.23 (cc/l) 63.22~67.92 (%) の範囲内で定量できる.また,飽和度は次の如くである. O(2) : 87.8~113.9 (%) N(2) : 110.5~123.2 (%) この結果を地表水と比較して,O(2)の飽和度は小さいが,量的な差異はあまりみられず,地表水と地下水の中間的な性質を示している.地質構造,地形が溶存ガス成分比に及ぼす影響は,地下水の流通経路が長距離とみなされる場合に若干のO(2)の消費が認められ,短距離で湧出したと思われるものにはO(2)の飽和度が大きい傾向がある.また,水理地質的にみて,地質と湧出量には密接な関連を見出せるが,ガス成分には影響を与へてはいない.
抄録(別表記)
The contents of the dissolved gases in the ground waters at the north west of the piedmont district of Daisen volcano, Tottori prefecture, are determined as follows. Ar: 0.34~0.40 (cc/l) 1.48~1.64 (%) O(2) : 6.69~9.08 (cc/l) 27.92~35.30 (%) N(2) : 15.16~17.23 (cc/l) 63.22~67.92 (%) The calculated degree of saturation of these ground waters with O(2) and N ranges as shown below : O(2) : 87.8~113.9 (%) N(2) : 110.5~123.2 (%) In this district, the ground water is generally of a shallow type. The degree of oxygen consumption of the water has a tendency to decrease as its pass under the ground is shorter. From the results obtained here, it is concluded that these ground water have intermediate properties of the surface and general ground water.
備考
Original Papers
発行日
1964-10-25
出版物タイトル
岡山大学温泉研究所報告
出版物タイトル(別表記)
Papers of the Institute for Thermal Spring Research, Okayama University
34巻
出版者
岡山大学温泉研究所
出版者(別表記)
Institute for Thermal Spring Research, Okayama University
開始ページ
53
終了ページ
62
ISSN
0369-7142
NCID
AN00032853
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
mmc