このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 386
Eprint ID
386
フルテキストURL
抄録
石灰質土壊におけるキュウリ、トマトの生育に対するケイ酸の効果を試験し、対照として花崗岩質土壊を用いた。1) 石灰質土壊、花崗岩質土壌ともにキュウリの生育にケイ酸の効果が認められた。その理由としてはキュウリの高いケイ酸吸収能力によると考えられた。2) トマトの生育にはケイ酸の効果は認められなかった。この試験においてはトマトのケイ酸要求量は充たされていたと思われた。
発行日
1978-12
出版物タイトル
岡山大学農学部農場報告
出版物タイトル(別表記)
Bulletin of the Research Farm, Faculty of Agriculture, Okayama University
1巻
出版者
岡山大学農学部附属農場
出版者(別表記)
Research Farm, Faculty of Agriculture, Okayama University
開始ページ
12
終了ページ
15
ISSN
0910-8742
NCID
AN00149012
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
bfsc