Bulletin of Graduate School of Education, Okayama University
Published by Graduate School of Education, Okayama University

<Formerly known as>
岡山大学教育学部研究集録 (1号-137号)

<Availability>
Some items are not available because of decision by its author or publisher.

Trail Making Test 指標の発達的変化の検討

眞田 敏 岡山大学大学院教育学研究科発達支援学系
新谷 真以 岡山大学大学院教育学研究科発達支援学系
福田 あやこ 兵庫県立いなみ野特別支援学校
津島 靖子 兵庫教育大学大学院連合学校教育学研究科
荻野 竜也 中国学園大学子ども学部子ども学科
抄録
 Trail Making Test(TMT)は,ワーキングメモリや反応抑制,反応の切り替えなどの能力が求められる神経心理学的検査である。TMT は実行機能評価法の一つとして広く用いられているが,子どもを対象とした標準値の作成や臨床応用に関する報告はいまだ少ない。そこで本研究では,TMT の小児期から青年期までの各年齢群別標準値を作成するとともに,各指標の発達的変化について検討した。その結果,Part A の遂行時間,Part B の遂行時間,B-A 値およびB/A 値の4指標において年齢による有意な発達的変化が認められ,本検査は子どもの実行機能の発達の程度を反映しうるものと考えられた。本法は従来のTMT よりも刺激数を削減し簡便化したものであり,注意欠陥/動性障害などの発達障害をともなう子 どもへの臨床応用が期待される。
キーワード
Trail Making Test(TMT)
神経心理学的検査
標準値
発達的変化
ISSN
1883-2423
NCID
AA12338258