Bulletin of Graduate School of Education, Okayama University
Published by Graduate School of Education, Okayama University

<Formerly known as>
岡山大学教育学部研究集録 (1号-137号)

<Availability>
Some items are not available because of decision by its author or publisher.

教員養成制度の国際比較研究

尾上 雅信 岡山大学大学院教育学研究科 Kaken ID publons researchmap
梶井 一暁 岡山大学大学院教育学研究科 Kaken ID researchmap
河野 将之 岡山大学大学院教育学研究科修士課程
秋永 沙穂 岡山大学大学院教育学研究科修士課程
瀨良 美璃亜 岡山大学大学院教育学研究科修士課程
王 運佳 岡山大学大学院教育学研究科修士課程
抄録
 本研究では現在の日本において喫緊の課題である教員の働き方改革について,現行の教員養成制度と諸外国の教員養成制度について取り上げ,研究対象とした諸外国の教員養成の歴史を踏まえて比較・考察を行った。その結果,日本では教員養成の高度化が進んでいないことなどが明らかになっただけでなく,教員養成制度を改革することで新任教員だけでなく現職の教員にとっても良い影響を及ぼす可能性があることがわかった。長時間労働,新任教員の依願退職者数の増加など多くの課題を抱えている日本において諸外国の教員養成制度は,これからの教員養成について示唆を与えている。
キーワード
教員養成制度
国際比較
日本
アメリカ
フランス
中国
備考
研究論文(Articles)
ISSN
1883-2423
NCID
AA12338258