Journal of Okayama Medical Association
Published by Okayama Medical Association

<Availability>
Full-text articles are available 3 years after publication.

頬粘膜癌に対する電子線治療法の検討

中桐 義忠 岡山大学医療短期大学部診療放射線技術学科
三宅 英昭 岡山大学医療短期大学部診療放射線技術学科
杉田 勝彦 岡山大学医療短期大学部診療放射線技術学科
三上 泰隆 岡山大学医学部附属病院中央放射線部
稲村 圭司 岡山大学医学部附属病院中央放射線部
三村 誠一 岡山大学医学部附属病院中央放射線部
大川 義弘 岡山大学医学部附属病院中央放射線部
竹田 芳弘 岡山大学医学部放射線医学教室
平木 祥夫 岡山大学医学部放射線医学教室
藤木 知一 岡山大学歯学部歯科放射線学講座
岸 幹二 岡山大学歯学部歯科放射線学講座
千原 直人 岡山大学歯学部第二口腔外科学講座
Thumnail 102_1167.pdf 3.55 MB
抄録
Electron beam therapy has often been used for radiation therapy of carcinomas of the buccal mucosa, though side effects including, stomatitis and dermatitis are known to exist. We experimented using the additional back scatter and transit with the phantom under a lead plate within the irradiation field, in order to better focus the dose on the target volume moreover, we fabricated a mouthpiece fitted with a lead plate shaped to the target volume, and with respect to the influence of the mouthpiece on stomatitis and dermatitis, obtained good clinical results.
キーワード
頬部粘膜癌
電子線治療
後方散乱線
mouthpiece
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489