Journal of Okayama Medical Association
Published by Okayama Medical Association

<Availability>
Full-text articles are available 3 years after publication.

乳癌術前化学療法の効果判定における画像診断 われわれが経験した病理判定と画像診断の不一致症例について

松岡 順治 岡山大学医学部・歯学部附属病院 消化器腫瘍外科
田渕 陽子 岡山大学医学部・歯学部附属病院 消化器腫瘍外科
伊藤 充矢 岡山大学医学部・歯学部附属病院 消化器腫瘍外科
小野 亮子 岡山大学医学部・歯学部附属病院 消化器腫瘍外科
今田 孝子 岡山大学医学部・歯学部附属病院 消化器腫瘍外科
元木 崇之 岡山大学医学部・歯学部附属病院 消化器腫瘍外科
松川 啓義 岡山大学医学部・歯学部附属病院 消化器腫瘍外科
大森 昌子 岡山大学医学部・歯学部附属病院 病理部
柳井 広之 岡山大学医学部・歯学部附属病院 病理部
猶本 良夫 岡山大学医学部・歯学部附属病院 消化器腫瘍外科
田中 紀章 岡山大学医学部・歯学部附属病院 消化器腫瘍外科
Thumnail 118_119.pdf 7.25 MB
抄録
Primary systemic chemotherapy (PSC) in breast cancer prolongs disease-free survival in patients who have obtained pathological complete remission (pCR). In combination with pathological examination, CT and MRI have been used to evaluate the efficacy of PSC, they generally coincide well with pathological evaluation. We here present two cases showing discrepancies between pathological examination and imaging analysis after PSC in breast cancer. We should keep such discrepancies in mind to determine the ideal treatment after PSC. An accurate method of evaluating cellular damage by PSC is needed.
キーワード
術前化学療法(Primary Systemic Chemotherapy)
画像診断(Imaging Analysis)
MRI
CT
備考
症例報告
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489