Journal of Okayama Medical Association
Published by Okayama Medical Association

<Availability>
Full-text articles are available 3 years after publication.

非触知乳癌におけるVATSマーカーを用いたエコーガイド下マーキングの有用性

松岡 順治 岡山大学医学部・歯学部附属病院 消化器腫瘍外科
田渕 陽子 岡山大学医学部・歯学部附属病院 消化器腫瘍外科
伊藤 充矢 岡山大学医学部・歯学部附属病院 消化器腫瘍外科
小野 亮子 岡山大学医学部・歯学部附属病院 消化器腫瘍外科
今田 孝子 岡山大学医学部・歯学部附属病院 消化器腫瘍外科
松川 啓義 岡山大学医学部・歯学部附属病院 消化器腫瘍外科
元木 崇之 岡山大学医学部・歯学部附属病院 消化器腫瘍外科
猶本 良夫 岡山大学医学部・歯学部附属病院 消化器腫瘍外科
金澤 右 岡山大学医学部・歯学部附属病院 放射線科
Thumnail 118_127.pdf 6.53 MB
抄録
A preoperative tumor guiding system for nonpalpable breast cancer using a VATS guiding needle (Hakko Co., Ltd., Tokyo Japan) was reported. It was easy to introduce the guiding needle into breast cancers smaller than 1cm under ultrasonographic observation. Neither bleeding nor infection was experienced. Wound management was easy and painless. This guiding system is very useful for locating and managing nonpalpable breast cancers even in outpatient settings.
キーワード
非触知乳癌 (nonpalpable breast cancer)
マーキング (marking)
エコーガイド (guiding echo)
VATS マーカー (VATS marker)
備考
症例報告
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489