Journal of Okayama Medical Association
Published by Okayama Medical Association

<Availability>
Full-text articles are available 3 years after publication.

膵リンパ上皮嚢胞の2例

濱野 亮輔 国立病院機構福山医療センター 外科
稲垣 優 国立病院機構福山医療センター 外科
木村 祐司 国立病院機構福山医療センター 外科
磯田 健太 国立病院機構福山医療センター 外科
北田 浩二 国立病院機構福山医療センター 外科
西江 学 国立病院機構福山医療センター 外科
野村 長久 国立病院機構福山医療センター 外科
徳永 尚之 国立病院機構福山医療センター 外科
高橋 健司 国立病院機構福山医療センター 外科
宮宗 秀明 国立病院機構福山医療センター 外科
常光 洋輔 国立病院機構福山医療センター 外科
大塚 眞哉 国立病院機構福山医療センター 外科
三好 和也 国立病院機構福山医療センター 外科
岩川 和秀 国立病院機構福山医療センター 外科
高橋 正彦 国立病院機構福山医療センター 外科
岩垣 博巳 国立病院機構福山医療センター 外科
Thumnail 124_53.pdf 3.45 MB
抄録
A 35-year-old man was found to have a cystic mass in the pancreatic body on a routine health examination ; high serum CA19-9 was also detected. The enucleated cyst was diagnosed as a lymphoepithelial cyst (LEC). A 74-year-old man found to have a cystic mass in the pancreatic head by computer tomography as well as high serum CA19-9 was suspected of a cystic neoplasm of the pancreas (IPMN), and pylorus-preserving pancreaticoduodenectomy (PPPD) was performed. Pathologically, the cyst was found to be LEC. It is often difficult to diagnose pancreatic cyst as LEC preoperatively. Care should be taken not to do over-surgery for benign disease LEC.
キーワード
リンパ上皮嚢胞 (lymphoepithelial cyst)
備考
症例報告(Case Report)
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489
DOI