Journal of Okayama Medical Association
Published by Okayama Medical Association

<Availability>
Full-text articles are available 3 years after publication.

悪性腫瘍とcollagenase 第2編 胃癌の進展とcollagenase活性

三村 哲重 岡山大学医学部第一外科学教室
Thumnail 89_1165.pdf 2.94 MB
抄録
胃癌38例について癌胃各部のco1lagenase活性を,組織培養法により測定し,形態学的特徴とcollagenase活性の相関を追求し,腫瘍の進展におけるcollagenaseの役割を検討した.結果は,癌胃全体では癌の進展先進部で最も高い活性がみられ,組織型別にみると,低分化傾向を示す癌ほど活性が高いと同時に,低分化腺癌の髄様型ではとくに高活性であった.進展形式についてみると, INFβの進展先進部の活性が高く,また表層拡大型早期癌の粘膜進展先進部で高活性であり,癌の進展の強さや方向とともに癌細胞密度とcollagenase活性は,相関する傾向を示した.
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489