Published by Misasa Medical Center, Okayama University Medical School
Published by Misasa Medical Center, Okayama University Medical School

<Formerly known as>
岡大三朝分院研究報告 (63号-72号) 環境病態研報告 (57号-62号)
岡山大学温泉研究所報告 (5号-56号) 放射能泉研究所報告 (1号-4号)

<Availability>
Some items are not available because of decision by its author or publisher.

細気管支領域に病変を有する慢性閉塞性呼吸器疾患の臨床的検討

周藤 眞康 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
御舩 尚志 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
河内 和久 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
貴谷 光 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
谷崎 勝朗 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
抄録
細気管支に病変を有すると考えられる気管支喘息(細気管支閉塞型(II型)のアトピー型)と慢性閉塞性細気管支炎の違いについて臨床的に検討を加えた。(1)年令ではやや慢性閉塞性細気管支炎でやや低年令,発症年令では気管支喘息でやや低年令を示したが有意な差はみられなかった。(2)アレルギー学的検討では気管支喘息は明らかに1型アレルギー反応の関与が推測されたが,一方慢性閉塞性細気管支炎では1型アレルギー反応の関与はほとんどみられなかった。(3)Bronchoaiveolar lavage fluid(BALF)中出現細胞の検討では慢性閉塞性細気管支炎において気管支喘息に比べ好中球の有意の増加が観察され,出現率が55%以上の症例ではほぼ全例が慢性閉塞性細気管支炎であった。(4)換気機能による検討では%肺活量,1秒率では差は認められなかったが,気管支喘息で%V50,%V25のような細気管支の閉塞を示すパラメーターの低下傾向がやや高度であった。(5)胸部X線では気管支喘息では,X線上明らかなび四三陰影は認められず,一方慢性閉塞性細気管支炎では過膨脹所見も,び漫性情粒状陰影ともみられる症例が多く認められた。
キーワード
細気管支 (Bronchiole)
気管支喘息 (Bronchial asthma)
細気管支閉塞型 (Bronchiolar obstruction type)
慢性閉塞性細気管支炎 (Chronic obstructive bronchiolitis)
ISSN
0913-3771
NCID
AN10084718