Published by Misasa Medical Center, Okayama University Medical School
Published by Misasa Medical Center, Okayama University Medical School

<Formerly known as>
岡大三朝分院研究報告 (63号-72号) 環境病態研報告 (57号-62号)
岡山大学温泉研究所報告 (5号-56号) 放射能泉研究所報告 (1号-4号)

<Availability>
Some items are not available because of decision by its author or publisher.

Churg-Strauss症候群の再燃を来した気管支喘息症例

原田 誠之 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
柘野 浩史 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
光延 文裕 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
御舩 尚志 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
保崎 泰弘 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
芦田 耕三 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
岡本 誠 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
高田 真吾 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
山本 敏雄 野島病院外科
谷崎 勝朗 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
抄録
入院中にChurg-Strauss症候群の再燃を来した症例を報告した。症例は気管支喘息を有する73歳の女性で,持続する両下肢の知覚障害を主訴に当院に入院した。入院2週頃より微熱,下腹部不快感が続き右下肢のdrop foot,下血を呈した。末梢血では著明な好酸球増多を認め,内視鏡検査で直腸潰瘍を認めた。3年前の両下肢の知覚障害出現時にも同様の症状を経験しており,Churg-Strauss症候群の再燃と診断し,ステロイド治療を開始することにより新たな後遺症を残すことなく寛解に至った。Churg-Strauss症候群の発症・再燃の機序を考える上で貴重な症例と考え,文献的考察を加え報告する。
キーワード
Churg-Strauss症候群 (Churg-Strauss syndrome)
アレルギー性肉芽腫性血管炎 (allergic granulomatous angiitis)
血管炎症候群 (vasculitis syndrome)
気管支喘息 (bronchial asthma)
好酸球増多 (eosinophilia)
ISSN
0918-7839
NCID
AN10430852