Published by Misasa Medical Center, Okayama University Medical School
Published by Misasa Medical Center, Okayama University Medical School

<Formerly known as>
岡大三朝分院研究報告 (63号-72号) 環境病態研報告 (57号-62号)
岡山大学温泉研究所報告 (5号-56号) 放射能泉研究所報告 (1号-4号)

<Availability>
Some items are not available because of decision by its author or publisher.

膵炎とインターフェロン

越智 浩二 岡山大学臨床検査医学
松村 直樹 岡山大学臨床検査医学
水島 孝明 岡山大学臨床検査医学
蓮岡 英明 勝山病院
光延 文裕 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
谷崎 勝朗 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
抄録
インターフェロンは慢性肝炎や悪性腫瘍の治療など,広く臨床の場に用いられるようになった。その副作用の一つとして,膵炎があり,その多くは急性膵炎である,慢性膵炎の報告もあり,膵炎はインターフェロンを用いる場合に知っておくべき副作用である。そこで,膵炎とインターフェロンの関係について現在までに知られている知見について概説する。
キーワード
インターフェロン (interferon)
急性膵炎 (acute pancreatitis)
慢性膵炎 (chronic pancreatitis)
ISSN
0918-7839
NCID
AN10430852