Published by Misasa Medical Center, Okayama University Medical School
Published by Misasa Medical Center, Okayama University Medical School

<Formerly known as>
岡大三朝分院研究報告 (63号-72号) 環境病態研報告 (57号-62号)
岡山大学温泉研究所報告 (5号-56号) 放射能泉研究所報告 (1号-4号)

<Availability>
Some items are not available because of decision by its author or publisher.

温泉療法が骨関節症患者のQOLに及ぼす効果

横井 正 岡山大学医学部附属病院三朝医療センター リハビリテーション科
千田 益生 岡山大学附属病院リハビリテーション部
光延 文裕 岡山大学医学部附属病院三朝医療センター 内科
保崎 泰弘 岡山大学医学部附属病院三朝医療センター リハビリテーション科
芦田 耕三 岡山大学医学部附属病院三朝医療センター 内科
西田 典数 岡山大学医学部附属病院三朝医療センター 内科
柘野 浩史 岡山大学医学部附属病院三朝医療センター 内科
岡本 誠 岡山大学医学部附属病院三朝医療センター 内科
永田 拓也 岡山大学医学部附属病院三朝医療センター 内科
高田 真吾 岡山大学医学部附属病院三朝医療センター 内科
谷崎 勝朗 岡山大学医学部附属病院三朝医療センター 内科
井上 一 岡山大学附属病院整形外科
抄録
近年QOLが重視されるようになってきている。MOS short form 36 health survey(以下SF-36と略す)は,国際的レベルでの基準とされるべく開発された非疾患特異的HRQOL尺度である.今回,我々は当院でリハビリテーションをうけているOA患者を対象に温泉療法の効果をSF-36を用いてQOLの変化を調べたoSF-36の8項目をそれぞれ算出し,温泉療法前後でのQOLの比較を行った。pCSは36.4から37.1へ,MCSは53.0から55.4へ上昇したことより,身体・健東面ともに効果があると考えられた。
キーワード
SF-36
生活の質 (Quality of Life)
関節症 (Osteoarthritis)
ISSN
1348-1258
NCID
AA11840279