Published by Misasa Medical Center, Okayama University Medical School
Published by Misasa Medical Center, Okayama University Medical School

<Formerly known as>
岡大三朝分院研究報告 (63号-72号) 環境病態研報告 (57号-62号)
岡山大学温泉研究所報告 (5号-56号) 放射能泉研究所報告 (1号-4号)

<Availability>
Some items are not available because of decision by its author or publisher.

高齢者喘息における気腫化傾向 - 加齢変化と病的変化(肺気腫)の相違点

光廷 文裕 岡山大学医学部・歯学部附属病院三朝医療センター 内科
保崎 泰弘 岡山大学医学部・歯学部附属病院三朝医療センター 内科
芦田 耕三 岡山大学医学部・学部附属病院三朝医療センター 内科
岩垣 尚史 岡山大学医学部・歯学部附属病院三朝医療センター 内科
永田 拓也 岡山大学医学部・学部附属病院三朝医療センター 内科
藤井 誠 岡山大学医学部・歯学部附属病院三朝医療センター 内科
高田 真吾 岡山大学医学部・歯学部附属病院三朝医療センター リハビリテーション科
横井 正 岡山大学医学部・歯学部附属病院三朝医療センター リハビリテーション科
浜田 全紀 岡山大学医学部・歯学部附属病院三朝医療センター 内科
谷崎 勝朗 岡山大学医学部・歯学部附属病院三朝医療センター 内科
抄録
高齢者喘息の病態的特徴を臨床的に観察した。その結果は以下のごとくであった。 1.血清IgE値や抗原に対するIgE抗体の陽性率は一般的に低いが,しかしアレルギー疾患の家族歴を有する症例の頻度は高く,アトピー性の素因を有する症例の頻度がかなり高いこと,そして,このような症例ではIgE系反応の関与が示唆された。  2.気道過敏性は加齢とともに低下する傾向が見られた。  3.換気機能,ガス交換能は加齢とともに低下し,特に70才以上 の症例では若青年者喘息と比べ有意の低下が見られた。  4.肺容積は,加齢とともに増大し,70才以上の症例では有意の増大傾向が見られた。また,この肺容積の増大は,HRCT上の-950HU以下の肺% UIAと有意の相関が見られ,肺の過膨張の状態が存在することが示唆された。
キーワード
lgE系反応 (IgE-mediated allergy)
気道過敏性 (bronchial hyperresponsiveness)
換気機能 (ventilatory function)
ガス交換能 (gas exchange)
気腫化傾向 (emphysematous changes)
ISSN
1348-1258
NCID
AA11840279