このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 11100
Eprint ID
11100
フルテキストURL
タイトル(別表記)
エステラーゼ・アイソザイムによるサトイモの系統分類
著者
グエン ヴィエット シュアン 岡山大学
吉野 熙道 岡山大学
田原 誠 岡山大学
抄録
Phylogenetic relationships among the 84 accessions of taro (Colocasia esculenta (L) Schott), C gigantea Hook Alocasia macrorrhiza, A odora, Xanthosoma sagittifolium (L.) Schott and X. violaceum Schott were investigated using isozyme polymorphism of esterase. The phylogenetic tree estimated by the UPGMA analyses revealed that taro accessions formed a single cluster and C. gigantea was more closely related to Alocasia species than to taro. Taro accessions from Yunnan tended to share band patterns with those from various areas, which indicates that the Yunnan area might have been important for taro evolution.
抄録(別表記)
東アジアを中心に採取したサトイモ(Colocasia esculenta (L) Schott)とその近緑野生種C.gigantea Hook, Alocasia macrorrhiza, A. odora, Xanthosoma sagittifolium (L.) Schott and X. violaceum Schottの84系統について、エステラーゼのアイソザイムの多型を基に類縁関係の推定を行った。UPGMA法によって系統樹を求めたところ、サトイモ69系統は一つの独立したクラスターを形成した。また、ハスイモ(C. gigantea Hook)は、サトイモよりもAlocasia属の種とより近縁であることを示唆する結果を得た。サトイモについて、東アジアの各系統のアイソザイムのバンドパターンを比較したところ、中国雲南省で収集したものは、東アジア各地のサトイモと共通のパターンを示すものが多かったことから、この地域がサトイモ進化に重要な役割を果たしていることが推察された。
キーワード
Colocasia esculenta
phylogeny
isozyme
esterase
発行日
1998-02
出版物タイトル
岡山大学農学部学術報告
出版物タイトル(別表記)
Scientific reports of the Faculty of Agriculture, Okayama University
87巻
1号
出版者
岡山大学農学部
出版者(別表記)
Faculty of Agriculture,Okayama University
開始ページ
133
終了ページ
139
ISSN
0474-0254
NCID
AN00033029
資料タイプ
紀要論文
言語
English
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
srfa