このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 13705
Eprint ID
13705
フルテキストURL
Thumnail 107_1.pdf 1.15 MB
タイトル(別表記)
Contrast characteristics of barium preparations and the timing of exposure
著者
渋谷 光一 岡山大学医療技術短期大学診療放射線技術学科
中桐 義忠 岡山大学医療技術短期大学診療放射線技術学科
東 義晴 岡山大学医療技術短期大学診療放射線技術学科
杉田 勝彦 岡山大学医療技術短期大学診療放射線技術学科
小橋 高郎 (財)倉敷成人病センター放射線部
大倉 保彦 (財)倉敷成人病センター放射線部
丹谷 延義 (財)倉敷成人病センター放射線部
三上 泰隆 岡山大学医学部附属病院中央放射線部
平木 祥夫 岡山大学医学部放射線医学教室
抄録
We studied the relationship between the contrast characteristics of barium suspension and timing of exposure. We poured several kinds of barium preparations on the phantom manufactured by ourselves, and took X-ray pictures continuously by a DSA system. We analyzed each of the characteris-tics of the contrast. The time which was reguired for the contrast to reach the peak (Contrast Peak Time ; CPT) was unrelated with the kind of barium preparations used. It depended on the viscosity of the contrast media and the angle of the phantom. Viscosity was correlated with CPT. CPT was 3 to 6 seconds at an angle of 15 degrees, and 1.5 to 4 seconds at an angle of 30 degrees. We can refer to these findings to decide the density of barium suspension and to get timely exposure.
キーワード
contrast medium
barium sulfate
dencity
viscosity
備考
原著
発行日
1995-06-30
出版物タイトル
岡山医学会雑誌
出版物タイトル(別表記)
Journal of Okayama Medical Association
107巻
1-6号
出版者
岡山医学会
出版者(別表記)
Okayama Medical Association
開始ページ
1
終了ページ
6
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489
資料タイプ
学術雑誌論文
オフィシャル URL
https://www.jstage.jst.go.jp/article/joma1947/107/1-6/107_1-6_1/_article/-char/ja/
関連URL
http://www.okayama-u.ac.jp/user/oma/index.html
言語
Japanese
著作権者
岡山医学会
論文のバージョン
publisher
査読
有り
Eprints Journal Name
joma