このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 17517
Eprint ID
17517
フルテキストURL
Thumnail 87_1075.pdf 819 KB
タイトル(別表記)
Hemodynamic Effects of Three Kinds of Beta-Adrenergic Blockade (Alprenolol, Propranolol and Practolol) -experimental study-
著者
斉藤 大治 岡山大学医学部第一内科教室
田原 律哉 岡山大学医学部第一内科教室
平野 和博 岡山大学医学部第一内科教室
上田 稔 岡山大学医学部第一内科教室
前 律夫 岡山大学医学部第一内科教室
湊 武 岡山大学医学部第一内科教室
与那原 宣彦 岡山大学医学部第一内科教室
原岡 昭一 岡山大学医学部中央検査部
抄録
Effects of alprenolol, propranolol and practolol on hemodynamics were studied in open-chest anesthetized dogs, and following results were obtained; Coronary blood flow was decreased accompanied with a rise in coronary vascular resistance following the administiation of the drug. Cardiac output and heart rate were decreased, and total peripheral resistance was elevated significantly. Practolol produced lesser changes in coronary and systemic hemodynamics than alprenolol or propranolol; especially lesser elevation in total peripheral resistance and smaller decrease in maximun blood flow of aorta.
発行日
1975-12-30
出版物タイトル
岡山医学会雑誌
出版物タイトル(別表記)
Journal of Okayama Medical Association
87巻
11-12号
出版者
岡山医学会
出版者(別表記)
Okayama Medical Association
開始ページ
1075
終了ページ
1083
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489
資料タイプ
学術雑誌論文
オフィシャル URL
https://www.jstage.jst.go.jp/article/joma1947/87/11-12/87_11-12_1075/_article/-char/ja/
関連URL
http://www.okayama-u.ac.jp/user/oma/
言語
Japanese
著作権者
岡山医学会
論文のバージョン
publisher
査読
有り
Eprints Journal Name
joma