JaLCDOI 10.18926/11368
タイトル(別表記) A Study of Screen Constitution and proper Character Size on VDT Work of Junior High School Students
フルテキストURL 004_081_089.pdf
著者 畑木 紀男| 上村 祐子| 日向 洋平| 山口 有美| 山口 晴久|
抄録 本研究は、学校教育における学齢に適した教育環境設定のための基礎的研究として、中学生を対象にVDT作業において重要な意味を持つ、見やすい適正な字体、文字の大きさが学齢によって違うことを検証し、大学生(大人)との比較により学齢発達段階ごとの見やすいと感じる画面条件の差異を考究するための実験を行った。すなわち中学生と大学生を被験者として、11.5pから24pの文字ポイント数で代表的字体である明朝体とゴシック体で漢字仮名交じり文を視読及び入力させる実験を行いその結果を統計分析した。その結果、中学生の視認特性は大学生と比べて至適文字サイズが大きいことまた中学生でも低学年ほど大きな文字を好むことがわかった。しかし、明朝体とゴシック体の文字視読嗜好においては中学生と大学生には同じような傾向があることなどの知見が得られた。
抄録(別表記) The primary objective of the study was to determine the optical screen configuration for the junior high school students. A study of easy-to-write screen configurations and easy-to-write to be used when reading Japanese text in VDT works was one of the most important factors for the fitting lessons in junior high school. I studied the reading and writing performance of junior high school students as they write textbooks while VDT conditions such as font size, screen brightness, text and background color were altered. I also compared the performance of first-year junior high school students with the results of university students. The results were as followa:1)the optical screen configuration for junior high school students were somewhat different than that for university students 2) the optical letter size for junior high school students was determined to be 17points which was is bigger than that of the university students.
キーワード VDT テキストリーディング (Text Reading) 文字サイズ (Character Size) 画面構成 (Screen Configuration) 中学生 (Junior High School Student)
出版物タイトル 岡山大学教育実践総合センター紀要
発行日 2004
4巻
1号
開始ページ 81
終了ページ 89
ISSN 1346-3705
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 40006297487