このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 11082
Eprint ID
11082
フルテキストURL
タイトル(別表記)
自然環境より単離したThibacilus ferroxidansの鉄酸化酵素及び硫化水素酸化酵素活性
著者
杉尾 剛 岡山大学
藤原 勲 岡山大学
花瀬 真理 岡山大学
上村 一雄 岡山大学
抄録
It has been reported that both iron oxidase and hydrogen sulfide: ferric ion oxidoreductase (SFORase) were involved in bacterial leaching of metal ions from sulfide ores, and the amount of Cu2+ solubilized from copper ore by iron-oxidizing bacterium differed from strain. The activities of iron oxidase SFORase of iron-oxidizing bacteria isolated from the natural environments were determined. Iron-oxidizing activity and SFORase activity of 200 strains ranged from 1.20-1.65γmol/mg/min and from 0.11-2.80 γmol/mg/min, respectively. The findings that a remarkable difference was observed in the levels of SFORase activity, but not in iron-oxidizing activity, suggest that SFORase, but not iron oxidase, is the enzyme that determines the bacterial leaching activity of this bacterium.
抄録(別表記)
鉄酸化酵素と硫化水素酸化酵素の両方が硫化鉱石からの金属イオンのバクテリアリーチングに関与していること、銅鉱石から溶出する銅イオンの量が鉄酸化細菌の菌株間で異なることが知られている。鉄酸化酵素及び硫化水素酸化酵素活性が自然環境から単離した鉄酸化細菌に対して決定された。200株の鉄酸化細菌の鉄酸化酵素及び硫化水素酸化酵素活性は、それぞれ、1.20-1.65γmol/mg/min及び0.11-2.80γmol/mg/minの範囲にあった。これら菌株間において、鉄酸化酵素ではなく硫化水素酸化酵素活性に大きく違いがあるという発見は、前者ではなく後者がこの細菌のバクテリアリーチング活性を決定する酵素であることを示唆している。
キーワード
iron oxidase
sulfur oxidase
iron-oxidizing bacterium
bacterial leaching
発行日
1998-02
出版物タイトル
岡山大学農学部学術報告
出版物タイトル(別表記)
Scientific reports of the Faculty of Agriculture, Okayama University
87巻
1号
出版者
岡山大学農学部
出版者(別表記)
Faculty of Agriculture,Okayama University
開始ページ
77
終了ページ
83
ISSN
0474-0254
NCID
AN00033029
資料タイプ
紀要論文
言語
English
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
srfa