JaLCDOI 10.18926/11410
タイトル(別表記) Hands-on Experience Programs in Science, Intended for Pupils from Elementary to Upper Secondary School
フルテキストURL 005_173_180.pdf
著者 中尾 安男| 山下 信彦| 小倉 久和| 草地 功| 加藤 内蔵進| 稲田 佳彦| 石川 彰彦| 柿原 聖治|
抄録 本稿は1995年から2004年まで、小・中学生および高校生を対象に実施してきた各種の科学実験体験活動の実践報告である。これらの体験活動は、岡山大学教育学部理科教育講座の教員とそれぞれの研究室に属する学部生・大学院生たちが実践してきたものである。活動の企画、教材開発、活動の運営、子どもたちに対する実験内容の説明から実験指導に至るまで、ほとんどを学生たちの自主性に任せた。教員は学生たちに対する支援に徹することを原則とした。これらの活動を通して得られた成果や、実践活動を行うに当たって、日頃の自然科学の探究活動の大切さについても触れる。
抄録(別表記) This is a report of various educational practices in science from 1995 to 2004, designed for elementary school pupils and lower/upper secondary school students. These out-school activities were carried out by the teachers and their students of graduate and undergraduate courses who belong to the Department of Science Education, Faculty of Education, Okayama University. Almost everything was left up to the initiative and judgment of graduate/undergraduate students, such as planning and organizing the programs, developing do-it-yourself science materials, explaining to pupils what the experiment is like and how to conduct the experiment. As facilitators of the program, we supported activities of graduate/undergraduate students. The benefits of taking an active part in these programs, and the importance of hands-on learning activities in science are shown and emphasized in this paper.
キーワード 科学実験体験活動 (Hands-on Experience of Science) 小・中・高校生対象 (Out-of-school Activity Programs for 1st-12th Graders)
出版物タイトル 岡山大学教育実践総合センター紀要
発行日 2005
5巻
1号
開始ページ 173
終了ページ 180
ISSN 1346-3705
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002313988