このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 11721
Eprint ID
11721
フルテキストURL
タイトル(別表記)
The influence of air attenuation in characteristic curve for mammographic screen-film system
著者
丸山 敏則 岡山大学医学部保健学科放射線技術科学専攻
後藤 佐知子 岡山大学医学部保健学科放射線技術科学専攻
東 義晴 岡山大学医学部保健学科放射線技術科学専攻
中桐 義忠 岡山大学医学部保健学科放射線技術科学専攻
渋谷 光一 岡山大学医学部保健学科放射線技術科学専攻
杉田 勝彦 岡山大学医学部保健学科放射線技術科学専攻
抄録
マンモグラフィ専用装置を使用して,距離法で低エネルギー領域のX線におけるマンモグラフィ用増感紙/フィルムシステムの特性曲線を得るためには,空気滅弱の影響を考慮する必要がある。その影響について,実効エネルギーから空気減弱分を補正,照射線量測定による補正,Bednarek法を応用した新距離法の3種類の方法を使って検討した。さらに,一般撮影装置でも,マンモ用システムに対して距離法で特性曲線を作成し,エネルギ ーの変化による影響についても検討した。その結果,3方法の特性曲線およびグラディエント曲線は,新距離法が高濃度域でわずかにずれるもののほぼ一致した。新距離法に対する平均階調度,最大階調度の最大誤差は,2.7%,0.2%であり,一般撮影用装置の距離法と3方法との間では,一般撮影用装置の距離法に対して最大誤差は2.7%,1.5%であった。以上のことから,エネルギーの変化による特性曲線への影響はほとんどなく,低エネルギー領域での特性曲線は空気特配の補正を行うことのみで得られると考えられる。
抄録(別表記)
It is necessary to take air attenuation into account when we use inverse square sensitometry to obtain characteristic curve for the mammographic screen-film system at low x-ray energies as used with the dedicated unit. Three kinds of the inverse square sensitometry approach of correcting by air attenuation obtained from effective energy, of correcting by exposure dosimetry and of using modified the technique of Bednarek were employed to investigated the influence of x-ray energy in the characteristic curves for the mammographic screen-film system. In addition, the inverse square sensitometry with the general radiographic unit was employed and the influence of x-ray high energy in the characteristic curves was also investigated for the same screeri-film system. Though characteristic curves and gradient curves of the new inverse square sensitometry were a little lower than the others in high-density region, the curves with three kinds of methods almost coincided. Maximum relative errors of average gradient and maximum gradient for modified the technique of Bednarek were found to be 2.7% and 0.2% among the others respectively. Moreover, maximum relative errors of gradient and maximum gradient for the inverse square sensitometry with the general radiographic unit were 2.7% and 1.5% among three kinds of methods with the dedicated unit respectively. It was considered that the characteristic curves for the mammographic screen-film system were little influenced by x-ray energy and could be obtained only by correcting air attenuation from above results.
キーワード
マンモグラフィ (mammography)
低エネルギー領域 (low x-ray energy)
特性曲線 (characteristic curve)
距離法 (inverse square sensitometry)
空気減弱 (air attenuation)
発行日
2000-03-24
出版物タイトル
岡山大学医学部保健学科紀要
出版物タイトル(別表記)
Bulletin of Faculty of Health Sciences Okayama University Medical School
10巻
2号
出版者
岡山大学医学部保健学科
出版者(別表記)
Faculty of Health Sciences Okayama University Medical School
開始ページ
91
終了ページ
98
ISSN
1345-0948
NCID
AA11403004
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
fhs