このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 15260
Eprint ID
15260
フルテキストURL
タイトル(別表記)
Examination of density and mixing ratio of barium preparations, using an originally created phantom
著者
渋谷 光一 岡山大学医療技術短期大学部診療放射線技術学科
宮原 智則 (財)倉敷成人病センター放射線部
鷲見 和幸 (財)倉敷成人病センター放射線部
大倉 保彦 (財)倉敷成人病センター放射線部
三宅 浩一 (財)倉敷成人病センター放射線部
奥田 和裕 (財)倉敷成人病センター放射線部
丹谷 延義 (財)倉敷成人病センター放射線部
東 義晴 岡山大学医療技術短期大学部診療放射線技術学科
後藤 佐知子 岡山大学医療技術短期大学部診療放射線技術学科
丸山 敏則 岡山大学医療技術短期大学部診療放射線技術学科
中桐 義忠 岡山大学医療技術短期大学部診療放射線技術学科
杉田 勝彦 岡山大学医療技術短期大学部診療放射線技術学科
平木 祥夫 岡山大学医学部放射線医学教室
抄録
胃Ⅹ線検査に造影剤として用いられる硫酸バリウム懸濁液の濃度を,簡便に,客観的に決定する目的で,歯科用アルギン酸塩印象材を用いて,コインの図柄を写しとったファントムを制作した。これを使って二種類の硫酸バリウム製剤の適正濃度(PD)を調べた結果,BARITOP PとBARICON MEALを単体,若くは混合した場合には,おおよそ,PD(W/V%)=0.75C+165(ただし,CはBARICON MEALの混合比(%))となった。また,BARICON MEALはコントラストが高く,精密検査に有利だと考えられ,BARITOP PとBARICON MEALを混合すると濃度の許容範囲が広がるため,通常の検査に都合がよいと考えられた。更に,このファントムは簡便に作成することができ,しかも,硫酸バリウム懸濁 液との親和性も良いことから,硫酸バリウム製剤やⅩ線TV装置の評価,増感紙・フィルム系の評価等にも応用できると考えられた。
抄録(別表記)
A phantom copied designs of coins was created with alginate dental impression material to establish a objective, simple and easy method for deciding density of barium sulfate suspensions which are used for stomach X-ray examination as contrast media. As a result of examining proper density (PD) of two kind of barium preparations with this phantom, in case of BARITOP P and BARICON MEAL, PD were almost shown by the next equation : PD(W/V%)=0.75C+165(C meant content of BARICON MEAL (%)). As BARICON MEAL resulted in hight contrast, it was thought to be suitable for a close examination. Mixture of BARITOP P and BARICON MEAL was thought to be suited to a routine examination becouse of wide permissible level of density. This phantom would be able to apply to the test of balium preparations, X-ray TV systems, screen/film systems and so on.
キーワード
造影剤 (contrast media)
硫酸バリウム (barium sulfate suspension)
胃X線検査 (X-ray examination of the stomach)
アルギン酸塩印象材 (alginate impression material)
ファントム (phantom)
発行日
1998-01-31
出版物タイトル
岡山大学医療技術短期大学部紀要
出版物タイトル(別表記)
Bulletin of School of Health Sciences Okayama University
8巻
2号
出版者
岡山大学医療技術短期大学部
出版者(別表記)
School of Health Sciences Okayama University
開始ページ
113
終了ページ
119
ISSN
0917-4494
NCID
AN10355371
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
OAI-PMH Set
岡山大学
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Sort Key
4
Eprints Journal Name
fhs