このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 15261
Eprint ID
15261
フルテキストURL
タイトル(別表記)
現像温度および時間のマンモフイルム特性に与える影響
著者
丸山 敏則 岡山大学医療技術短期大学部診療放射線技術学科
後藤 佐知子 岡山大学医療技術短期大学部診療放射線技術学科
東 義晴 岡山大学医療技術短期大学部診療放射線技術学科
中桐 義忠 岡山大学医療技術短期大学部診療放射線技術学科
渋谷 光一 岡山大学医療技術短期大学部診療放射線技術学科
杉田 勝彦 岡山大学医療技術短期大学部診療放射線技術学科
竹内 知行 岡山大学歯学部附属病院歯科放射線科
本田 貢 岡山大学医学部附属病院中央放射線部
吉田 彰 広島県立保健福祉短期大学放射線技術科学科
抄録
The influence for developing temperature and processing time within film processing conditions was investigated using four mammographic films, Konica New CM, Fuji UM-MA HC, Kodak Min-R M and Kodak EB/RA (for rapid system). And Fuji UR-2, a double-emulsion film, was used as a control. Those sensitometric strips exposed by a sensitometer were processed in the different combinations of developing temperatures ranging from 28 to 36℃, processing times from 45 to 210 sec. Average gradient, relative speed and base plus fog obtained from the measured film characteristic curves were evaluated for the different developing temperatures and times. Fuji UR-2 was scarcely affected and mammographic films were greatly affected in the different combinations without an increase in base plus fog except EB/RA. In New CM, UM-MA HC and Min-R M, the average gradients and the relative speeds increased as the developing temperature was higher and the developing time was longer, but the increases were limit on the combination of 36℃ and 210 sec in New CM and UM-MA HC. In EB/RA, the average gradients were almost constant and the relative speeds increased slightly like the double-emulsion film. These results suggested that it would be possible to contribute to dose reduction and advancement of contrast in New CM, UM-MA HC and Min-R M by changing these processing parameters.
抄録(別表記)
フィルム処理条件において,現像温度と処理時間に対する影響を4種類のマンモグラフィ用フィルムKonica New CM, Fuji UM-MA HC,Kodak Min-R M,迅速処理用Kodak EB/RAについて調べた。そして,比較基準用として両面乳剤フィルムFuji UR-2を用いた。感光計で露光したフィルムを現像温度28~36℃,処理時間45~210秒で処理した。特性曲線から得られたフィルム特性(平均階調度,相対感度,カブリ濃度)を異なる現像温度,現像時間に対して評価した。UR-2はほとんど影響を受けず,マンモグラフィ用フィルムは,カブリ濃度が上昇することなく,現像条件の影響を大きく受けた。New CM, UM-MA HC,Min-R Mは現像温度の上昇,処理時間の延長に伴い,平均階調度と相対感度は増加した。しかし,New CM, UM-MA HCの36℃,210秒で増加は限度に達した。EB/RAの平均階調度は一定で,相対感度は両面乳剤フイルムと同 様にわずかな増加であった。これらの結果は,New CM, UM-MA HC, Min-R Mにおいて,処理条件を変化させることにより,被曝低減,コントラスト向上に貢献できる可能性を示唆していた。
キーワード
マンモグラフィ (Mammography)
現像処理パラメータ (Processing Parameter)
特性曲線 (Characteristic Curve)
平均階調度 (Average Gradient)
相対感度 (Relative Speed)
発行日
1998-01-31
出版物タイトル
岡山大学医療技術短期大学部紀要
出版物タイトル(別表記)
Bulletin of School of Health Sciences Okayama University
8巻
2号
出版者
岡山大学医療技術短期大学部
出版者(別表記)
School of Health Sciences Okayama University
開始ページ
121
終了ページ
129
ISSN
0917-4494
NCID
AN10355371
資料タイプ
紀要論文
言語
English
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
fhs