JaLCDOI 10.18926/15260
タイトル(別表記) Examination of density and mixing ratio of barium preparations, using an originally created phantom
フルテキストURL 008_2_113_119.pdf
著者 渋谷 光一| 宮原 智則| 鷲見 和幸| 大倉 保彦| 三宅 浩一| 奥田 和裕| 丹谷 延義| 東 義晴| 後藤 佐知子| 丸山 敏則| 中桐 義忠| 杉田 勝彦| 平木 祥夫|
抄録 胃Ⅹ線検査に造影剤として用いられる硫酸バリウム懸濁液の濃度を,簡便に,客観的に決定する目的で,歯科用アルギン酸塩印象材を用いて,コインの図柄を写しとったファントムを制作した。これを使って二種類の硫酸バリウム製剤の適正濃度(PD)を調べた結果,BARITOP PとBARICON MEALを単体,若くは混合した場合には,おおよそ,PD(W/V%)=0.75C+165(ただし,CはBARICON MEALの混合比(%))となった。また,BARICON MEALはコントラストが高く,精密検査に有利だと考えられ,BARITOP PとBARICON MEALを混合すると濃度の許容範囲が広がるため,通常の検査に都合がよいと考えられた。更に,このファントムは簡便に作成することができ,しかも,硫酸バリウム懸濁 液との親和性も良いことから,硫酸バリウム製剤やⅩ線TV装置の評価,増感紙・フィルム系の評価等にも応用できると考えられた。
抄録(別表記) A phantom copied designs of coins was created with alginate dental impression material to establish a objective, simple and easy method for deciding density of barium sulfate suspensions which are used for stomach X-ray examination as contrast media. As a result of examining proper density (PD) of two kind of barium preparations with this phantom, in case of BARITOP P and BARICON MEAL, PD were almost shown by the next equation : PD(W/V%)=0.75C+165(C meant content of BARICON MEAL (%)). As BARICON MEAL resulted in hight contrast, it was thought to be suitable for a close examination. Mixture of BARITOP P and BARICON MEAL was thought to be suited to a routine examination becouse of wide permissible level of density. This phantom would be able to apply to the test of balium preparations, X-ray TV systems, screen/film systems and so on.
キーワード 造影剤 (contrast media) 硫酸バリウム (barium sulfate suspension) 胃X線検査 (X-ray examination of the stomach) アルギン酸塩印象材 (alginate impression material) ファントム (phantom)
出版物タイトル 岡山大学医療技術短期大学部紀要
発行日 1998-01-31
8巻
2号
開始ページ 113
終了ページ 119
ISSN 0917-4494
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307835
著者 渋谷 光一| 中桐 義忠| 東 義晴| 杉田 勝彦| 小橋 高郎| 大倉 保彦| 丹谷 延義| 三上 泰隆| 平木 祥夫|
発行日 1995-06-30
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
107巻
1-6号
資料タイプ 学術雑誌論文
JaLCDOI 10.18926/11936
タイトル(別表記) The contrast media containing soft drinks for X-ray examination of the stomach
フルテキストURL 005_111_114.pdf
著者 渋谷 光一| 中桐 義忠| 東 義晴| 後藤 佐知子| 杉田 勝彦| 大倉 保彦| 丹谷 延義| 延原 栄太朗| 三上 泰隆|
抄録 胃検診の受診者を増やし、検査を円滑に行う上で、造影剤である硫酸バリウム懸濁液の飲みにくさが障害の一つとなっている。これを改善する試みとして、懸濁液に市販の粉末清涼飲料を混入し検討したところ72.1%の人から通常のものよりも飲みやすいという回答を得た。今後、臨床的な検討を加えながら、さらに創意工夫していく必要がある。
抄録(別表記) Barium sulfate suspensions are disliked to drink by many people. That is one of the obstacles to increse person who consult doctors and to have medical examinations smoothly. We mixed soft drinks into the suspensions to improve this problem. As a result they were popular among 72.1% people. We need to study about these suspensions further, adding the clinical matters.
キーワード 造影剤 (contrast media) 硫酸バリウム製剤 (barium sulfate suspension) 粘度 (viscosity) 飲みやすさ (easiness to drink)
出版物タイトル 岡山大学医療技術短期大学部紀要
発行日 1995-01-31
5巻
開始ページ 111
終了ページ 114
ISSN 0917-4494
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002313324
JaLCDOI 10.18926/11878
タイトル(別表記) Dosimetry in Radiography
フルテキストURL 004_069_073.pdf
著者 中桐 義忠| 後藤 佐知子| 三上 泰隆| 東 義晴| 渋谷 光一| 稲村 圭司| 田原 誠司| 宇野 弘文| 高田 義明| 丹谷 延義| 山田 俊治| 杉田 勝彦| 平木 祥夫|
抄録 Utilization of radiation in medical treatment is increasing more and more ; consequently, It becomes more important to estimate exposure dose correctly. Altough there are many reports about exposue dose for patients, most of them merely describe the results of the measurements by parts of the body. Exposure dose differs with equipment, instruments, screen-firm system, contition of radiography, and so on. This paper describes the relation between skin dose and contitions of radiography, and also shows the result of measurement of "TPR" which needs to know the absorbed dose of each organ.
キーワード 線量測定 低エネルギー 被曝
出版物タイトル 岡山大学医療技術短期大学部紀要
発行日 1994-01-31
4巻
開始ページ 69
終了ページ 73
ISSN 0917-4494
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002313669
JaLCDOI 10.18926/11874
タイトル(別表記) Estimation of balium preparations with high density and low viscosity
フルテキストURL 004_057_060.pdf
著者 渋谷 光一| 小橋 高郎| 小笠原 光男| 丹谷 延義| 中桐 義忠| 東 義晴| 杉田 勝彦|
抄録 In this paper we compared the balium preparations having high density and low viscosity (BP-HDLV) with those currently in use. We adopted the stomaches of pigs and the new phantom manufactured by ourselves. We especialy noted the quality of the contrast. The results indicate that BP-HDLV do not always make high contrast. The contrast is related to fluidity besides density. The fluidity of BP-HDLV should be improved. In adition, it costs much to increase content of balium. Therefore, we can not find out positive significance to use these BP-HDLV.
キーワード contrast medium balium density viscosity fluidity
出版物タイトル 岡山大学医療技術短期大学部紀要
発行日 1994-01-31
4巻
開始ページ 57
終了ページ 60
ISSN 0917-4494
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002313918
JaLCDOI 10.18926/11735
タイトル(別表記) Clinical application of the contrast media containing soft drinks for the X-ray examination of the stomach
フルテキストURL 006_015_021.pdf
著者 渋谷 光一| 中桐 義忠| 東 義晴| 後藤 佐知子| 丸山 敏則| 杉田 勝彦| 大倉 保彦| 夏川 浩一| 丹谷 延義| 延原 栄太朗| 森岡 泰樹| 竹田 芳弘| 平木 祥夫|
抄録 胃X線検査の被験者を増やし、検査を円滑に行う上で造影剤である硫酸バリウム懸濁液の飲みにくさが障害の一つとなっている。これを改善する目的で、懸濁液に市販の粉末清涼飲料を混入したところ、64.2%の人が通常のものよりも飲みやすいと答えた。臨床上も造影剤の付着が悪くなったり、胃の蠕動を促進する等の問題は生じず、有用であると考えられた。
抄録(別表記) Barium sulfate suspensions are disliked by many people. This is one of the obstacles to increase persons who consult doctors and to have medical examinations smoothly. We mixed soft drinks into the suspensions to improve this problem. As a result, they were popular among 64.2% people, there were not any clinical troubles that the suspensions did not stick to the mucous membrane of the stomach well, the peristalsis of the sotmach were promoted, and so on. These results suggest that the contrast media containing soft drinks is useful for the X-ray examinations of the stomach.
キーワード 造影剤 (contrast media) 硫酸バリウム (barium sulfate suspension) 清涼飲料 (soft drinks) 消化管検査 (barium examination)
出版物タイトル 岡山大学医療技術短期大学部紀要
発行日 1996-02-29
6巻
開始ページ 15
終了ページ 21
ISSN 0917-4494
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002313345