このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 51894
フルテキストURL
Thumnail 125_239.pdf 11.5 MB
タイトル(別表記)
A case of appendiceal diverticulum resected by laparoscopic surgery with preoperative diagnosis of appendiceal tumor
著者
二宮 卓之 広島市立広島市民病院 外科
小島 康知 広島市立広島市民病院 外科
原野 雅生 広島市立広島市民病院 外科
大野 聡 広島市立広島市民病院 外科
塩崎 滋弘 広島市立広島市民病院 外科
二宮 基樹 広島市立広島市民病院 外科
抄録
 Appendiceal diverticulum is rare. We encountered a case of appendiceal diverticulum with chronic appendicitis. A 56-year-old man presented to our hospital with right lower abdominal pain. An abdominal computed tomography (CT) scan showed swelling of the appendix body and the wall thickness of the base of the appendix. Due to the possibility of appendiceal tumor, we performed a laparoscopy-assisted ileocecal resection with lymph node dissection. The appendix had a diverticulum with chronic inflammation, but it did not have a neoplastic lesion.
キーワード
虫垂憩室症(appendiceal diverculum)
腹腔鏡手術(laparoscopic surgery)
虫垂腫瘍(appendiceal tumor)
備考
症例報告 (Case Reports)
発行日
2013-12-02
出版物タイトル
岡山医学会雑誌
出版物タイトル(別表記)
Journal of Okayama Medical Association
125巻
3号
出版者
岡山医学会
出版者(別表記)
Okayama Medical Association
開始ページ
239
終了ページ
242
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489
資料タイプ
学術雑誌論文
関連URL
http://www.okayama-u.ac.jp/user/oma/
言語
Japanese
著作権者
Copyright (c) 2013 岡山医学会
論文のバージョン
publisher
査読
有り
DOI
Eprints Journal Name
joma