このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 53488
フルテキストURL
タイトル(別表記)
Institute of Laboratory Animal Research, Center for Animal Research and Education, Nagoya University
著者
伊藤 麻里子 名古屋大学動物実験支援センター東山動物実験施設
稲垣 秀晃 名古屋大学動物実験支援センター東山動物実験施設
森 ララミ 岡山大学名古屋大学動物実験支援センター東山動物実験施設大学院医歯薬学総合研究科・分子医化学分野
戸田 真弓 名古屋大学動物実験支援センター東山動物実験施設
青野 修一 名古屋大学動物実験支援センター東山動物実験施設
佐藤 純 名古屋大学動物実験支援センター東山動物実験施設
抄録
The Institute of Laboratory Animal Research(ILAR)within the Center for Animal Research and Education (CARE), Nagoya University was established in July 2013. The aim of ILAR is to provide care for laboratory animals in safe and sanitary manner that enables researchers in the Nagoya University Higashiyama Campus to conduct proper experiments. We will now give an outline and introduce the characteristics of the new ILAR.
備考
施設めぐり (Introduction of the Animal Research Facilities in Japan)
発行日
2015-04
出版物タイトル
岡山実験動物研究会報
出版物タイトル(別表記)
Proceedings of Okayama Association for Laboratory Animal Science
31巻
出版者
岡山実験動物研究会
出版者(別表記)
Okayama Association for Laboratory Animal Science
開始ページ
59
終了ページ
63
資料タイプ
その他
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
poalas