JaLCDOI 10.18926/15170
タイトル(別表記) Tendency of long stay patients on a psychiatric ward : Analysis based on medical and nursing records
フルテキストURL 017_1_027_031.pdf
著者 渡邉 久美| 伊東 美希| 國方 弘子| 山本 礼子| 木村 由紀子| 有村 エリ子| 高田 静恵| 武岡 千晴| 梅津 伸子|
抄録 本研究は,A大学病院精神科に長期入院(90日以上)をしている患者に着目し,年齢や疾患名の傾向などの特徴を明らかにするとともに,これらの実態に照らした看護アプローチのあり方について検討することを目的とした。対象は,2004年1月1日から12月31日までに入院した延べ229人のうち,90日以上入院した延べ56人である。診療記録等から在院日数,年齢,性別,疾患名のリストを作成し,傾向を分析した。90日以上の長期入院患者の平均在院日数は175.1±79.7日であり,年齢層は思春期から40歳台の壮年期までで全体の約7割を占めた。性別は男性16人,女性40人で,疾患名別では,統合失調症9人(16.1%),うつ病12人(21.4%),摂食障害16人(28.6%),適応障害5人(8.9%),躁うつ病4人(7.1%),強迫性障害1人(1.8%),身体表現性障害1人(1.8%),その他8人(14.3%)であった。疾患名別の平均在院日数は,摂食障害が214.1日,適応障害が199.6日,統合失調症が180.2日であり,躁うつ病が175.3日であった。年齢,疾患名,性別による在院日数の差は有意でなかった。 摂食障害に代表されるように身体機能の回復に数か月の医学的アプローチが必要な疾患はあるが,これらの中には患者自身の課題解決にむけた支援や家族支援など,保健福祉的アプローチも必要であると思われ,今後,これら事例の経過を質的に分析し,在院日数を長期化させている要因を明らかにする必要がある。
抄録(別表記) This fact-finding survey was carried out to identify attributes of long stay psychiatric patients to improve nursing intervention based on their actual experience in hospital. 56 subjects out of the 229 patients who were admitted to a psychiatric ward at a university teaching hospital during the year 2004 were found to be hospitalized more than 90 days (175.1 ± 79.7 days on average), and all of them agreed to be included in the study (16 males and 40 females). Data were collected from their medical and nursing records. Most of the participants ranged from teens to adults in their forties. They were mostly diagnosed as having depression, schizophrenia, eating disorder, bipolar affective disorder and adjustment disorder. The patients with eating disorder stayed longest (214.1 days on average). followed by patients with adjustment disorders and schizophrenia. It is assumed that, although certain types of disorder need months of medical interventions for restoring physical functions, patients with these disorders also need family and social support as well as nursing interventions to cope with their problems. The results suggest that qualitative studies should be needed to identify factors that necessitate a long stay and make the system more supportive and effective.
キーワード 在院日数 (length of hospitalization) 入院治療 (treatment at hospital) 精神科病棟 (psychiatric care unit) 長期入院 (long-term hospitalization)
出版物タイトル 岡山大学医学部保健学科紀要
発行日 2007-03-15
17巻
1号
開始ページ 27
終了ページ 31
ISSN 1345-0948
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307788