JaLCDOI 10.18926/11778
タイトル(別表記) Determination of Hematinic Acid Produced by Oxidative Cleavage of Hemoglobin Heme in Red Blood Cells
フルテキストURL 001_077_082.pdf
著者 廣田 和弘| 佐々木 健二| 廣田 喬|
抄録 Our previous studies on the mechanism of phenylhydrazine-induced hemolytic anemia have shown that hematinic acid, one of oxidative cleavage products of heme, is formed by the reaction of hemoglobin with phenylhydrazine. Develoment of the determination of hematinic acid formed by this reaction in red blood cells (RBC) was required to study the mechanism of the hemolysis. Hemolysates prepared by lysis of fresh human RBC with water was mixed with standard hematinic acid. A solution consisting of hydrochloric acid, methanol, and acetone was added, and most of hemoglobin precipitated was removed by centrifugation. Hematinic acid was derived to the methyl ester by incubation with methanol containing sulfuric acid. The ester was passed to two type of silica gel column to remove interferences, and was analysed on a reversedphase high-performance liquid chromatographic column. Hematinic acid could be determined in the range 1.0-20.0μmol/ml RBC. Recovery from hemolysate was 65.0% ±3.5%. Standard compounds of hematinic acid and its methyl ester were prepared by the oxidation of hemin with hydrogen peroxide, and were comfirmed by elemental analyses and mass spectra.
抄録(別表記) フェニルヒドラジン惹起性溶血貧血機構の著者らの研究において、ヘモグロビンとフェニルヒドラジンとの反応でヘムの酸化的開裂物質の1つであるヘマチン酸が生成することが示された。この反応によって赤血球(RBC)中で生じたヘマチン酸を定量する方法の確立が、溶血機構研究のため必要となった。人のRBCを水で溶血し、ヘマチン酸の標品を加えた。塩酸、メタノール、アセトンの溶液え加え、ほとんどのヘモグロビンを沈殿除去した。メタノールー硫酸溶液で加熱し、ヘマチン酸をメチルエステルに誘導した。夾雑物を2種のシリカゲルカラムを通すことによって除去し、逆相カラムを用いた高速液体クロマトグラフィーで分析した。ヘマチン酸は、1.0-20.0μmol/ml RBCの範囲で定量でき、回収率は65.0 ±3.5%であった。ヘマチン酸とこのメチルエステルの標品は、ヘミンを過酸化水素酸化することによって合成し、元素分析と質量分析によって確認した。
キーワード hematinic acid high-performance liquid chromatography red blood cells heme
出版物タイトル 岡山大学医療技術短期大学部紀要
発行日 1991-03-25
1巻
開始ページ 77
終了ページ 82
ISSN 0917-4494
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002313412
JaLCDOI 10.18926/11773
フルテキストURL 001_069_076.pdf
著者 Sasaki Kenji| Hirota Takashi| Iwado Akimasa| Hirota Kazuhiro|
抄録 Reactions of cyclic ketones such as α-tetralone, 1,3-cyclohexanedione, or naphthalenedione with formamide or trisformylaminomethane (TFAM) have shown to form polyclic fused pyrimidines by us. Reactions of terpene ketones like l-menthone, d-camphor, l-carvone with TFAM were performed, and 8-isopropyl-5-methyl-5,6,7,8-tetrahydroquinazoline, borno[2,3-d] pyrimidine, and 5-isopropenyl-8-methyl-5,6-dihydroquinazoline were expectedly obtained from three terpenes. Minor products of 5-isopropenyl-8-methyl-5,6,7,8-tetrahydroquinazoline and 5-isopropenyl-8-methylquinazoline were formed with 5-isopropenyl-8-methyl-5,6-dihydroquinazoline by disproportionation reaction of l-carvone. Furthermore, No-formylmenthylamine, N-formylbornylamine, and N-formylcarvylamine were obtained as the Leuckart-type products terpene ketones in these reactions. The reaction of N-benzyl-4-piperidone with TFAM gave desired 6-benzyl-5,6,7,8-tetrahydropyrido[4,3-d]pyrimidine. The reaction of diethyl succinylsuccinate with TFAM afforded tricyclic 4,9-dioxo-3,4,8,9-tetrahydropyrimido[4,5-g]quinazoline. Above compounds were determined by the measurements of their instrumental analyses.
抄録(別表記) α-テトラロン、1,3-シクロヘキサンジオン、ナフタレンジオン等の環式ケトン類とホルムアミド或はトリスホルミルアミノメタン(TFAM)との反応により、多環式縮合ピリミジン誘導体を容易に合成できる事は既に報告した。この反応の一環として環式ケトンにl-メントン、d-カンファ、l-カルボン等の生理活性を有するテルペンケトン及びN-ベンジル-4-ピペリドンとジエチルサクシニルサクシネートを用いてTFAMとの反応を検討した。3種のテルペンケトン類からは予期した縮合ピリミジンとして8-イソプロピル-5-メチル-5,6,7,8-テトラヒドロキナゾリン(Ⅱ)、ボルノ[2,3-d]ピリミジン(Ⅴ)、及び5-イソプロペニル-8-メチル-5,6-ジヒドロキナゾリン(Ⅷ)を得た。Ⅷの分離の際にⅧの不均化合物である5-イソプロペニル-8-メチル-5,6,7,8,-テトラヒドロキナゾリン(Ⅸ)及び5-イソプロペニル-8-メチルキナゾリン(Ⅹ)の生成をGC-MS及びpmrで確認したが、それらの単離には到らなかった。又、テルペンケトン類からLeuckart型反応生成物と考えられるN-ホルミルメンチルアミン(Ⅲ)、N-ホルミルボルニルアミン(Ⅵ)及びN-ホルミルカルビルアミン(ⅩⅠ)を得た。N-ベンジル-4-ピペリドンとTFAMとの反応では、6-ベンジル-5,6,7,8-テトラヒドロピリド[4,3-d]ピリミジン(ⅩⅢ)が得られた。最後に、環式ジケトンジエステルであるジエチルサクシニルサクシネートとTFAMとの反応に於いては一挙に三環性の4,9-ジオキソー3,4,8,9-テトラヒドロピリミド[4,5-g]キナゾリン(ⅩⅤ)を得ることが出来た。得られた化合物の構造はir,mass,pmr,元素記号等で決定した。
キーワード Cyclic ketone Trisformylaminomethane Fused pyrimidine Cyclization Reductive amination
出版物タイトル 岡山大学医療技術短期大学部紀要
発行日 1991-03-25
1巻
開始ページ 69
終了ページ 76
ISSN 0917-4494
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002313993