このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 11287
Eprint ID
11287
フルテキストURL
タイトル(別表記)
Sources of Resistance to Net Blotch in Barley Germplasm
著者
佐藤 和広 岡山大学
武田 和義 岡山大学
抄録
Net blotch caused by a fungus Pyrenophora teres Drechs. is a common disease in barley. Its source of resistance has been screened by many researchers by field evaluations or seedling tests inoculating a single isolatc. Since the pathogcnic variation of isolates has been reported in net blotch, resistance of the varieties to the disease may be different among the isolates with different pathogenicities. In this study, the pathogenic variation was examined and the varietal variation of the resistance was evaluated by inoculating with four P. teres isolates collected from Japan and Canada to more than 2,200 barley varieties of the world collection preserved at the Barley Germplasm Center of Okayama University. A preliminary inoculation test showed that the disease rating was affected little by the inoculation seasons. Disease ratings of varieties showed a continuous variation with a single mode in the resistant range in each of the four isolates. However, the correlation coefficient between Japanese isolate K105 and Canadian isolate WRS102 was as low as 0.55, indicating a slight pathogenic differentiation between these isolates. Significant correlation coefficients (r=.55~.78) among the ratings of isolates indicated that the pathogenicity to the varieties was rather similar and that the pathogenic differentiation was small among the four isolates tested. In general, varieties from Ethiopia, North Africa and Korea were more resistant than those from other regions. Varieties from Turkey and Europe were susceptible to Japanese isolates, while Nepalese varieties were susceptible to Canadian isolates. Twenty of 25 varieties which were resistant to the isolate K105 but susceptible to the isolate WR102 were from Nepal and most of those were Oriental-type (Bt bt2) in brittleness of rachis. These findings revealed an example of regional concentration of resistant gene in net blotch.
抄録(別表記)
日本ならびにカナダで採取した大麦網斑病菌4菌株を、岡山大学資源生物科学研究所大麦系統保存施設の保有する2,200あまりの品種に接種して、各菌株に対する抵抗性遺伝子源を評価すると共に病原性の分化を検討した。結果の概要は以下の通りである。1)3回にわたって44品種に4菌株を接種した予備試験の結果、病斑指数の品種変異は極めて大きく、品種の抵抗性に対する接種時期の影響は小さかった。2)供試4菌株に対するオオムギ品種の抵抗性の頻度分布はいずれも連続的で、そのピークは抵抗性側であった。各菌株間の病斑指数は有意な正の相関関係にあり、菌株間の病原性の分化は小さかった。3)各菌株に対する抵抗性遺伝資源はエチオピア、北アフリカおよび朝鮮半島に多かった。一方、日本で採取した2菌株に対する罹病性の品種はトルコおよびヨーロッパに多いのに対して、カナダで採取した菌株に対する罹病性の品種はネパールに多かった。また、ネパールに由来する品種の病斑指数は、日本の2菌株に対しては抵抗性と罹病性の2群に分かれたが、カナダの2菌株に対しては連続的な分布を示した。特に、カナダの菌株WRS102に対するネパール由来の品種の反応は、強度の抵抗性を示す品種がなく、ピークが罹病性側に片寄っており、日本の菌株に対する反応とは大きく異なった。4)日本で採取したK105とカナダで採取したWRS102の病斑指数の菌株間相関係数は、4菌株の組合せの中で最も小さく、K105とWRS102の病原性は多少分化していた。なお、K105に抵抗性でWRS102に罹病性の品種は25品種であり、そのうち20品種がネパール由来で、かつ、そのほとんどが小穂脱落性東亜型を示した。従ってK105に抵抗性でWRS102に罹病性の遺伝子は、ネパールの東亜型品種に偏在しているとみられる。
キーワード
Barley
Net blotch
Disease resistance
Genetic resources
Race differentiation
発行日
1994
出版物タイトル
岡山大学資源生物科学研究所報告
出版物タイトル(別表記)
Bulletin of the Research Institute for Bioresources, Okayama University
2巻
1号
出版者
岡山大学資源生物科学研究所
出版者(別表記)
Research Institute for Bioresources, Okayama University
開始ページ
91
終了ページ
102
ISSN
0916-930X
NCID
AN10381600
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
OAI-PMH Set
岡山大学
論文のバージョン
publisher
査読
無し