このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 14933
Eprint ID
14933
フルテキストURL
タイトル(別表記)
気管支喘息患者における白血球ロイコトリエン産生能に対する不飽和脂肪酸食の効果に影響する因子
著者
岡本 誠 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
光延 文裕 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
芦田 耕三 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
御舩 尚志 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
保崎 泰弘 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
柘野 浩史 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
原田 誠之 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
高田 真吾 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
谷崎 勝朗 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
片岡 幹男 岡山大学医学部第二内科
新谷 憲治 岡山大学医学部第二内科
原田 実根 岡山大学医学部第二内科
抄録
Dietary supplementation with perilla seed oil, a vegetable oil rich in α -lin- olenic acid, inhibits the generation of leukotrienes(LTs) by leucocytes in patients with bronchial asthma. We examined the factors that affect the suppression of LT generation by leucocytes with perilla seed oil-rich supplementation in patients with asthma, by comparing the clinical features of patients with asthma, whose generation of leukotriene (LT) C4 was suppressed by dietary supplementation with perilla seed oil (n-3 fatty acids) (group A), with those of patients who showed no suppression of LTC4 generation (group B). Group A showed a significant increase in the generation of LTB4 and L TC4 by leucocytes after corn oil-rich supplementation (n-6 fatty acids), and a significant decrease in the generation of LTB4 and LTC4 after perilla seed oil-rich supplementation (n-3 fatty acid). However, this was not observed in group B. The level of serum IgE and peak expiratory flow (PEF) in group A were significantly higher than in group B. Furthermore, the serum levels of LDL-cholesterol, β-lipoprotein and phospholipid were significantly lower in group A than in group B. These results suggest that the clinical features differ between these two asthmatic populations with respect to suppression of LTB4 and LTC4 generation by n-3 fatty acids in perilla seed oil-rich supplementation.
抄録(別表記)
a-リノレン酸の豊富なエゴマ油の食事は気管支喘息患者の白血球ロイコトリエン(LT)産生能を抑制する。気管支喘息患者の内,エゴマ油食によりLTC4の産生が抑制された群(A群)と抑制されない群(B群)の臨床データを比較することにより,気管支喘息患者の白血球ロイコトリエン産生能に影響する因子を検討した。A群はコーン油(n-6系脂肪酸)の豊富な食事後,白血LTB4,LTC4の産生能が増加し,エゴマ油(n-3系脂肪酸)の豊富な食事後LTB4,LTC4の産生能が減少した。これらの変化はB群では認められなかった。A群のIgE値,ピークフロー(PEF)値はB群に比し,有意に高値であった。またLDL-コレステロール,β-リポ蛋白,リン脂質はA群ではB群に比し,有意に低値であった。これらの結果はエゴマ油の豊富な食事のn-3系脂肪酸によるLTB4,LTC4の産生能の抑制に関して2群の気管支喘息患者群間に臨床データの相違があることを示唆している。
キーワード
エゴマ油 (perilla seed oil)
気管支喘息 (bronchial asthma)
ロイコトリエン (leukotrienes)
IgE
脂質代謝 (lipometabolism)
発行日
1999-12
出版物タイトル
岡大三朝分院研究報告
出版物タイトル(別表記)
Annual Reports of Misasa Medical Branch, Okayama University Medical School
70巻
出版者
岡山大学医学部附属病院三朝分院
出版者(別表記)
Misasa Medical Branch, Okayama University Medical School
開始ページ
43
終了ページ
52
ISSN
0918-7839
NCID
AN10430852
資料タイプ
紀要論文
言語
English
OAI-PMH Set
岡山大学
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Sort Key
6
Eprints Journal Name
mmc