このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 269
Eprint ID
269
フルテキストURL
タイトル(別表記)
Studies on Silage-Making : XII. The Effects of Adding Antibiotics or Kylage at the Ensiling Time
著者
須藤 浩 岡山大学
内田 仙二 岡山大学
三宅 一憲 岡山大学
抄録
サイレージを安定に調製するための添加剤として抗生物質およびギ酸カルシウム混合剤(Kylage)の効果を知るため,イタリアンライグラスを材料に用い,これにBacitracin 5 ppn 力価,Neomycin 5 ppm 力価,Kylage 0.28%をそれぞれ添加してサイレージを調整し,無添加対照,添加対照としてGluose添加のサイレージと,その品質および飼料価値を比較した. すなわち,でき上りサイレージについて,化学成分・品質・飼料価値などを調査して,その効果を検討した. 得たる結果の要約はつぎのようである. 1)でき上りサイレージ廃棄量はNeomycin区が0であるほかは,どの区も相当量生じたが,対照区に比べB包acitracin, Kylage区は少なかった. 2)サイレージの品質鑑定の結果は,Kylage区83点,Bacitracin区66点,対照区47点,Glucose添加区94点に対し,Neomycin区は38点になり,Neomycinはサイレージ添加剤として,有効なものでないことが認められた. 3)Bacitracin, Neomycinの添加によって,サイレージの消化率改善は認められなかった. 4)Kylageの添加によって,品質の改善が認められたが,消化率の改善は認められなかった. 5)ウシ・ヤギ・ヒツジ・ウサギをもって簡易し好試験を行なったが,Glucose添加サイレージがもっともよくし食された外は,各区間に大きな差は認められなかった. 6)Glucose添加(2%)を標準(100)とする添加効率は,Bacitrain40,Neomycin-19,Kylage77%で,添加物3者の比較ではKylageがもっとも高かった。
発行日
1970
出版物タイトル
岡山大学農学部学術報告
出版物タイトル(別表記)
Scientific Reports of the Faculty of Agriculture Okayama University
35巻
1号
出版者
岡山大学農学部
出版者(別表記)
Faculty of Agriculture, Okayama University
開始ページ
73
終了ページ
80
ISSN
0474-0254
NCID
AN00033029
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
srfa