このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 16328
Eprint ID
16328
フルテキストURL
Thumnail 95_575.pdf 333 KB
タイトル(別表記)
A defect in amino acid transport of filamentous Escherichia coli induced by penicillin.
著者
内藤 伸明 岡山大学医学部細菌学教室
友近 健一 岡山大学医学部細菌学教室
口分田 晃 岡山大学医学部細菌学教室
塩出 純二 岡山大学医学部細菌学教室
金政 泰弘 岡山大学医学部細菌学教室
抄録
最少発育阻止濃度以下のぺニシリンGにより誘導した大腸菌フィラメント細胞のアミノ酸能動輸送能の測定を行った.各種アミノ酸の能動輸送能は細胞の伸長に伴い低下したが,特にosmotic shock resistant基質においてその低下が著しかった.α-MGやTPMP(+)の取り込み能は,ぺニシリン処理の影響をほとんど受けなかった.このことから,アミノ酸能動輸送能の低下は,そのエネルギー源の消失によるのではなく,原形質膜中のアミノ酸能動輸送担体の分布またはその量的変化に起因することが示唆された.
抄録(別表記)
This paper describes a new type of penicillin action on the cytoplasmic membrane of Escherichia coli. The ability of filamentous cells to uptake amino acids induced by low concentrations of penicillin increased with cell elongation. This defect in amino acid transport was mostly observed on the substrate of the osmotic shock resistant transport system. Penicillin treatment, however, did not disturb the other membrane functions such as the uptake of α-D-methyl glucopyranoside and triphenylmethylphosphonium ion.
キーワード
アミノ酸能動輸送
ペニシリン
フィラメント細胞
膜ポテンシャル
発行日
1983-06-30
出版物タイトル
岡山医学会雑誌
出版物タイトル(別表記)
Journal of Okayama Medical Association
95巻
5-6号
出版者
岡山医学会
出版者(別表記)
Okayama Medical Association
開始ページ
575
終了ページ
581
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489
資料タイプ
学術雑誌論文
オフィシャル URL
https://www.jstage.jst.go.jp/article/joma1947/95/5-6/95_5-6_575/_article/-char/ja/
関連URL
http://www.okayama-u.ac.jp/user/oma/index.html
言語
Japanese
著作権者
岡山医学会
論文のバージョン
publisher
査読
有り
Eprints Journal Name
joma