このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 336
Eprint ID
336
フルテキストURL
タイトル(別表記)
Studies on the Chemical Composition and Quality of Silage : (X) The Relation Between the Quality and Digestibility of Silage
著者
内田 仙二 岡山大学
須藤 浩 岡山大学
抄録
サイレージの発酵的品質と消化率との関係を知る目的で,同一材料から品質の異なる5区のサイレージを調製し,それについて,in vivo および in vitro 消化試験を実施し,品質と消化率との関係を調査した. 実験結果の要約は次のようである. 1)でき上がりサイレージのFLIEG法による評点は,それぞれ100点(優),89点(優),51点(可),42点(可)および18点(下)であった. 2)サイレージの評点と,乾物,有機物,粗タンパク質,粗繊維および純タンパク質の消化率との間に,統計的な有意なプラスの相関が認められた. 3)サイレージの評点と乾物中のTDNとの間に,プラスの相関(r-0.992,p<0.01)が認められた. 4)各埋蔵材料のin vitro DMDと,でき上がりサイレージのin vitro DMDとの間に,有意な相関は認められなかった. サイレージのin vitro DMDとin vivo DMDの値は,劣質サイレージを除きよく一致し,両法で得たDMD間に有意なプラスの相関が認められた. 本実験の結果は,前報までの結果と同様,サイレージ醗酵の良否が,それの飼料価値を左右する因子の一つであることを示唆している。
発行日
1973
出版物タイトル
岡山大学農学部学術報告
出版物タイトル(別表記)
Scientific Reports of the Faculty of Agriculture Okayama University
42巻
1号
出版者
岡山大学農学部
出版者(別表記)
Faculty of Agriculture, Okayama University
開始ページ
33
終了ページ
38
ISSN
0474-0254
NCID
AN00033029
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
OAI-PMH Set
岡山大学
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
srfa