JaLCDOI 10.18926/15186
タイトル(別表記) Investigation of the tracheal suctioning-related microbialcolonization in home care patients with tracheotomy
フルテキストURL 015_2_063_069.pdf
著者 渡邉 久美| 菅崎 仁美| 千田 好子| 岡本 基|
抄録 気管内吸引を必要とする在宅療養患者に対し,安全で経済的な感染管理方法を検討するため,在宅ケアにおける気管内吸引の実態と,吸引関連物品の細菌学的調査を実施した。対象は気管切開がされ,医療依存度の高い患者3名であり,気管内吸引は全て患者の妻が行っていた。吸引後のカテーテルは外側をアルコール綿で清拭し,内腔を洗浄水で洗浄していた。カテーテルは,0.05%グルコン酸クロルヘキシジンに浸漬あるいは,清潔な乾燥容器に保管されていた。カテーテルの交換時期は,1.5日から7日とばらつきがあった。カテーテル,洗浄水,浸潰液等の試料を,一般細菌,黄色ブドウ球菌,大腸菌群の寒天培地で培養したところ,各試料から一般細菌,黄色ブドウ球菌,大腸菌群が検出されたが,カテーテルの保管方法の違いによる細菌汚染に差は認められなかった。また,気管切開部ガーゼからは,一般細菌,黄色ブドウ球菌,大腸菌群が検出された。これらより,気管内吸引カテーテルおよび,洗浄水や浸溝用消毒液の清潔管理の必要性が示唆された。
抄録(別表記) Microbial colonization related to tracheal toilet was investigated in three home care patients who had tracheotomy with or without mechanical ventilation. We focused on the manipulation of suctioning tube to develop a effective and low-cost guidline for infection control. Tracheal suctioning was doned by wife in all the patients. Catheters used for suctioning was generally wiped with alcohol, washed in deionized or boiled water, and stored in alcohol-wiped container or immersed in 0.05% gluconate chlorhexizine. Catheter was changed into new one every 1.5 to 7 days. Samples were obtained from catheter, water used for washing, container as well as patients and their caregivers, and cultured on agar culture plate for Staphylococcus aureus, or Escherichia coli. Colonization of gauze around tracheotomy and water used for washing was detected in two patinets. E. coli and S. aureus were common organism colonizing gauze around tracheotomy. Therefore, it was suggested that the manipulation of the tracheal suctioning in home care influence on microbial colonization.
キーワード 感染管理 (Infection control) 気管内吸引 (tracheal suctioning) 在宅ケア (home care) 介護者 (caregiver)
出版物タイトル 岡山大学医学部保健学科紀要
発行日 2005-03-31
15巻
2号
開始ページ 63
終了ページ 69
ISSN 1345-0948
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307656
JaLCDOI 10.18926/15183
タイトル(別表記) Influence of instructional posters on cleanness of the hands after hand washing
フルテキストURL 016_1_049_055.pdf
著者 松島 拓| 赤坂 球亜| 安藤 瞳| 井上 みわ| 三又 由紀| 千田 好子|
抄録 本研究の目的は,手洗いポスターの違いによる手洗い消毒後の手洗いミスを比較することである。調査対象は看護学生82名であった。対象を41名ずつ2グループに分け,1グループには手洗い順序を示したポスターを,もう1グループには,手洗いミスを起こしやすい部位を図示したポスターを教材として与えた。学生は,手指と手首に蛍光塗料を塗布後,抗菌石けんと流水による手洗い消毒を実施した。次に蛍光塗料の残存状況を写真撮影後,画像処理し手洗いミスとして点数化した。その結果,手洗いミスを起こしやすいポスターを使用したグループの方が,手洗い順序ポスターを用いたグループより手洗いミスが少ない傾向にあった。なかでも手背側は,手洗いミスのポスターを使ったグループの方が手洗いミスは有意に少なかった(p<0.05)。日常,手洗い場に掲示されているポスターは,手洗い順序を示したものが多い。しかし,手洗いミスを起こしやすい部位を図示したポスターでも,手指衛生効果があることが示唆された。
抄録(別表記) The objective of this study was to compare the cleanness of the hands after following two different posters. The subjects were 82 nursing students. They were divided into 2 groups of 41 each. For instructions one group was given a poster showing the procedures of hand washing, and the other group was given a poster showing areas to be washed carefully. After a fluorescent dye was sprayed on the fingers and the wrists, the testees washed their hands with antimicrobial soap under running water. Then, the state of the remaining fluorescent dye was photographed. The images were processed, and the extent of hand washing was quantified. As a result, hand washing was more effective in the group given the poster showing areas to be washed carefully than in the other group. Particularly, the back of the hand was significantly cleaner in the former than in the latter group (p< 0.05). Many posters at hand-washing sites show the procedure of hand washing. However, a poster showing areas prone to poor hand washing seems to be more effective for ensuring cleanness of the hands.
キーワード 手指衛生 (hand hygiene) 手洗い消毒 (antiseptic handwash) ポスター (poster)
出版物タイトル 岡山大学医学部保健学科紀要
発行日 2005-12-25
16巻
1号
開始ページ 49
終了ページ 55
ISSN 1345-0948
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307297
JaLCDOI 10.18926/15173
タイトル(別表記) Study on the method to quantify viable bacterial cellson the surface of endotracheal suction catheters
フルテキストURL 016_2_079_083.pdf
著者 犬飼 昌子| 野村 佳代| 渡邉 久美| 千田 好子| 光畑 律子| 狩山 玲子|
抄録 気管内吸引カテーテルに付着した一般細菌の生菌数測定方法について,超音波法およびチューブミキサーによ攪拌法を用いて検討した。まず,人工的に緑膿菌を付着させた気管内吸引カテーテルを超音波処理することにより生菌数を測定した。その結果,処理時間が1分を経過すると生菌数は減少をはじめ経時的に減少傾向を示した。一方,攪拌法では0.5分の処理をピーク値としてその後の減少傾向は認められなかった。次に,在宅療養患者に使用したカテーテルをチューブミキサーで0.5分攪拌後,生菌数の測定を行った。また,同じカテーテルを用いて走査型電子顕微鏡による観察を行った結果,画面上の細菌数の印象と生菌数の測定結果に矛盾はなかった。これらのことから気管内吸引カテーテルに付着した一般細菌の生菌数測定方法として,生理食塩水に入れたカテーテルをチューブミキサーで攪拌する方法が有用であると考えられた。
抄録(別表記) As a method for the detection of viable bacteria attached to endotracheal suction catheters, we evaluated sonication and dissociation using a tube mixer. The catheter fragments with Pseudomonas aeruginosa PAO1 were treated by each of the two methods, and viable cells in the elutions were counted. The highest number of viable cells was observed at 0.5 min by either method. The viable cell count decreased when the sonication time exceeded 1 min, while only a slight decrease of viable cells was observed by using a tube mixer. The catheters used for patients receiving care at home were fragmented and treated by a tube mixer to detach bacteria, and viable cells were counted. Electron microscopy observation showed an association between the viable cell count and morphology of surfaces of the catheters. These results suggest that adequate removal of bacteria attached to endotracheal suction catheters is possible by agitating catheter fragments for 0.5 min in physiological saline using a tube mixer.
キーワード 気管内吸引カテーテル (Endotracheal suction catheter) 付着菌の解離 (removal of attached bacteria) 生菌数測定方法 (viable cell counts) 細菌学的評価 (microbiological evaluation) 形態学的評価 (morphological evaluation)
出版物タイトル 岡山大学医学部保健学科紀要
発行日 2006-03-31
16巻
2号
開始ページ 79
終了ページ 83
ISSN 1345-0948
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307930
著者 千田 好子|
発行日 1999-02-28
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
111巻
1-2号
資料タイプ 学術雑誌論文