このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 11305
Eprint ID
11305
フルテキストURL
タイトル(別表記)
ダイズ種子の冠水抵抗性の品種間差とダイアレル分析
著者
侯 福分 岡山大学
曽 富生 岡山大学
呉 詩都 岡山大学
武田 和義 岡山大学
抄録
Seven hundred and thirty varieties of soybean from different sources were evaluated for seed flooding tolerance by the seed germination test after a 4-day soaking at 25℃. The inheritance of seed flooding tolerance was also analyzed with a 6 x diallel cross. A large variation in seed flooding tolerance existed in the soybean germplasm as reflected in the germination rate which ranged from 0 to 100%. Most of the varieties tested were sensitive to seed flooding, and only 4% of the tested varieties showed a high tolerance (germination rate >90%). Seed flooding tolerance was controlled by both additive and dominance genes and a small number of effective factors and high narrow sense heritability in diallel analysis indicate that the selection for tolerance can effectively be done in early generations.
抄録(別表記)
起源の異なる730品種の大豆種子を25℃、4日間浸漬処理し、その後の発芽率で種子の冠水抵抗性を評価した。また、種子の冠水抵抗性の遺伝様式6×6のダイアレル分析で調査した。供試した品種の冠水処理後の発芽率は0~100%まで分布し、種子の冠水抵抗性には大きな変異が認められた。大部分の品種は冠水条件に感受性であり、供試品種の4%のみが高度の抵抗性(発芽率90%以上)を示した。ダイアレル分析の結果、種子の冠水抵抗性は、相加的効果と優性効果が有意であり、優性効果の方が相加的効果よりも重要であった。種子の冠水抵抗性を支配する遺伝子は2対、狭義の遺伝率は0.47と推定され、抵抗性の強い方が劣性なので、初期世代における選抜効果が期待できる。
キーワード
Glycine max
Seed flooding tolerance
Diallel analysis
Germination
Varietal
difference
発行日
1995
出版物タイトル
岡山大学資源生物科学研究所報告
出版物タイトル(別表記)
Bulletin of the Research Institute for Bioresources, Okayama University
3巻
1号
出版者
岡山大学資源生物科学研究所
出版者(別表記)
Research Institute for Bioresources, Okayama University
開始ページ
35
終了ページ
41
ISSN
0916-930X
NCID
AN10381600
資料タイプ
紀要論文
言語
English
論文のバージョン
publisher
査読
無し