このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 21106
Eprint ID
21106
フルテキストURL
タイトル(別表記)
好塩基球からのヒスタミン遊離に関する研究. 3. 抗ヒトIgE に対する好塩基球の反応性と末梢血好酸球増多
著者
谷崎 勝朗 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
駒越 春樹 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
周藤 真康 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
御般 政明 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
森永 寛 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
中川 三郎 岡山大学医学部第2内科
貴谷 光 岡山大学医学部第2内科
木村 郁郎 岡山大学医学部第2内科
抄録
Histamine release from basophils induced by anti-IgE was examined in 14 asthmatic subjects with blood eosinophilia. The subjects were divided into two groups; group I (with blood eosinophilia, positive skin test and positive RAST to house dust) and group II (with blood eosinophilia, negative skin test to various allergens and negative RAST to house dust). 1. Serum IgE levels in group I were much higher than those in group II. 2. Maximum percent histamine release induced by anti-IgE was much higher in group I than in group II. 3. Dose-response curve of anti-IgE-induced histamine release in group I showed consistent increase as anti-IgE concentrations increased. while, dose-response curve in group II was very low. These findings suggested that blood eosinophilia in group I might be elicited relating to IgE-mediated reaction. However, mechanism causing eosinophilia in group II was not clear in the present study.
抄録(別表記)
末梢血好酸球増多を示す気管支喘息14症例について,抗ヒトIgE による好塩基球からのヒスタミン遊離を検討した. ハウスダストに対する皮内反応およびRASTが陽性を示す症例群(groupI)では,血清IgE値が高く,また抗ヒトIgEによるMax. % ヒスタミン遊離も高く(50.7士5.0%),そのdoseresponse curveは抗ヒトIgE添加濃度が高くなるにつれて上昇する傾向を示した.一方種々のアレルゲンエキスに対する皮内反応が陰性で,かつRAST も陰性を示す症例群(group II)では,血清IgE値が低く,また抗ヒトIgEによるMax. % ヒスタミン遊離も低く(10.5士1.7%),そのdose-response curveは全般的に低く,抗ヒトIgE添加濃度が高いところではむしろ抑制される傾向を示した.
備考
原著論文 (Original Papers)
発行日
1984-03-25
出版物タイトル
岡山大学温泉研究所報告
出版物タイトル(別表記)
Papers of the Institute for Thermal Spring Research, Okayama University
54巻
出版者
岡山大学温泉研究所
出版者(別表記)
Institute for Thermal Spring Research, Okayama University
開始ページ
35
終了ページ
38
ISSN
0369-7142
NCID
AN00032853
資料タイプ
紀要論文
言語
English
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
mmc