このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 48573
フルテキストURL
Thumnail 124_105.pdf 3.25 MB
タイトル(別表記)
Preclinical evaluation of telomerase-specific oncolytic virotherapy for human bone and soft tissue sarcomas
著者
佐々木 剛 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 整形外科学
田澤 大 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 消化器外科学
長谷井 嬢 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 整形外科学
国定 俊之 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 整形外科学
吉田 晶 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 整形外科学
橋本 悠里 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 消化器外科学
矢野 修也 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 消化器外科学
吉田 亮介 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 消化器外科学
宇野 太 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 消化器外科学
香川 俊輔 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 消化器外科学
森本 裕樹 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 整形外科学
浦田 泰生 オンコリスバイオファーマ
藤原 俊義 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 消化器外科学
尾﨑 敏文 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 整形外科学
抄録
骨・軟部肉腫は, 一部に治療抵抗性で予後の悪い症例が存在するため, 新たな治療法の確立が重要な課題である. 我々は, 5型アデノウイルスを基本骨格として, テロメラーゼ活性に依存して増殖する腫瘍融解ウイルス(OBP-301)や, coxsackie and adenovirus receptor(CAR)陰性の腫瘍細胞に感染するファイバー改変型ウイルス(OBP-405)を用い, 骨・軟部肉腫細胞に対する抗腫瘍効果を検討した.   14種類の骨・軟部肉腫細胞株に対してOBP-301の細胞障害活性を検討し, 12種類の細胞株でOBP-301に感受性を認めた. また, OBP-301の細胞障害活性はCARの発現と相関していた. さらに, テロメラーゼ活性の低い細胞に対しても, 5型アデノウイルスの複製に必須のE1Aによりテロメラーゼ活性の増強効果がおこり, 強い抗腫瘍活性を示すことを明らかにした. 次に, 骨肉腫脛骨同所性移植動物モデルを作成しOBP-301を投与したところ, OBP-301投与群では対象群と比べて有意に腫瘍増殖を抑制した. 最後に, OBP-301に感受性を認めなかったCAR陰性細胞株に対してOBP-405を用いて検討し, OBP-405が有効に作用することを確認した.   OBP-301やOBP-405を用いたウイルス療法は, 骨・軟部肉腫に対する新たな治療法となる可能性がある. 
キーワード
アデノウイルス
肉腫
ALT
ヒトテロメラーゼ逆転写酵素
備考
平成23年度岡山医学会賞(山田賞)受賞論文 (The 2011 Okayama Medical Association Award)
発行日
2012-08-01
出版物タイトル
岡山医学会雑誌
出版物タイトル(別表記)
Journal of Okayama Medical Association
124巻
2号
出版者
岡山医学会
出版者(別表記)
Okayama Medical Association
開始ページ
105
終了ページ
110
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489
資料タイプ
学術雑誌論文
関連URL
http://www.okayama-u.ac.jp/user/oma/
参考文献
1) Hameed M, Dorfman H : Primary malignant bone tumors--recent developments. Semin Diagn Pathol (2011) 28, 86-101.
2) Mendenhall WM, Indelicato DJ, Scarborough MT, Zlotecki RA, Gibbs CP, Mendenhall NP, Mendenhall CM, Enneking WF : The management of adult soft tissue sarcomas. Am J Clin Oncol (2009) 32, 436-442.
3) Kawashima T, Kagawa S, Kobayashi N, Shirakiya Y, Umeoka T, Teraishi F, Taki M, Kyo S, Tanaka N, Fujiwara T : Telomerase-specific replication-selective virotherapy for human cancer. Clin Cancer Res (2004) 10, 285-292.
4) Taki M, Kagawa S, Nishizaki M, Mizuguchi H, Hayakawa T, Kyo S, Nagai K, Urata Y, Tanaka N, Fujiwara T : Enhanced oncolysis by a tropism-modified telomerase-specific replication-selective adenoviral agent OBP-405 ('Telomelysin-RGD'). Oncogene (2005) 24, 3130-3140.
5) Nemunaitis J, Tong AW, Nemunaitis M, Senzer N, Phadke AP, Bedell C, Adams N, Zhang YA, Maples PB, Chen S, Pappen B, Burke J, et al. : A phase I study of telomerase-specific replication competent oncolytic adenovirus (telomelysin) for various solid tumors. Mol Ther (2009) 18, 429-434.
6) Reddel RR : Alternative lengthening of telomeres, telomerase, and cancer. Cancer Lett (2003) 194, 155-162.
7) Sasaki T, Tazawa H, Hasei J, Kunisada T, Yoshida A, Hashimoto Y, Yano S, Yoshida R, Uno F, Kagawa S, Morimoto Y, Urata Y, et al. : Preclinical evaluation of telomerase-specific oncolytic virotherapy for human bone and soft tissue sarcomas. Clin Cancer Res (2011) 17, 1828-1838.
8) Bryan TM, Englezou A, Dalla-Pozza L, Dunham MA, Reddel RR : Evidence for an alternative mechanism for maintaining telomere length in human tumors and tumor-derived cell lines. Nat Med (1997) 3, 1271-1274.
9) Kuroda S, Fujiwara T, Shirakawa Y, Yamasaki Y, Yano S, Uno F, Tazawa H, Hashimoto Y, Watanabe Y, Noma K, Urata Y, Kagawa S : Telomerase-dependent oncolytic adenovirus sensitizes human cancer cells to ionizing radiation via inhibition of DNA repair machinery. Cancer Res (2010) 70, 9339-9348.
10) Takakura M, Nakamura M, Kyo S, Hashimoto M, Mori N, Ikoma T, Mizumoto Y, Fujiwara T, Urata Y, Inoue M : Intraperitoneal administration of telomerase-specific oncolytic adenovirus sensitizes ovarian cancer cells to cisplatin and affects survival in a xenograft model with peritoneal dissemination. Cancer Gene Ther (2010) 17, 11-19.
11) Liu D, Kojima T, Ouchi M, Kuroda S, Watanabe Y, Hashimoto Y, Onimatsu H, Urata Y, Fujiwara T : Preclinical evaluation of synergistic effect of telomerase-specific oncolytic virotherapy and gemcitabine for human lung cancer. Mol Cancer Ther (2009) 8, 980-987.
12) Anders M, Vieth M, Rocken C, Ebert M, Pross M, Gretschel S, Schlag PM, Wiedenmann B, Kemmner W, Hocker M : Loss of the coxsackie and adenovirus receptor contributes to gastric cancer progression. Br J Cancer (2009) 100, 352-359.
13) Kuster K, Koschel A, Rohwer N, Fischer A, Wiedenmann B, Anders M : Downregulation of the coxsackie and adenovirus receptor in cancer cells by hypoxia depends on HIF-1alpha. Cancer Gene Ther (2010) 17, 141-146.
14) Watanabe T, Hioki M, Fujiwara T, Nishizaki M, Kagawa S, Taki M, Kishimoto H, Endo Y, Urata Y, Tanaka N : Histone deacetylase inhibitor FR901228 enhances the antitumor effect of telomerase-specific replication-selective adenoviral agent OBP-301 in human lung cancer cells. Exp Cell Res (2006) 312, 256-265.
15) Sasaki T, Tazawa H, Hasei J, Osaki S, Kunisada T, Yoshida A, Hashimoto Y, Yano S, Yoshida R, Kagawa S, Uno F, Urata Y, et al. : A simple detection system for adenovirus receptor expression using a telomerase-specific replication-competent adenovirus. Gene Ther (in press). 
言語
Japanese
著作権者
Copyright (c) 2012 岡山医学会
論文のバージョン
publisher
査読
有り
DOI
Eprints Journal Name
joma