このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 11643
Eprint ID
11643
フルテキストURL
タイトル(別表記)
Prevalence of urinary stress incontinence in women
著者
奥田 博之 岡山大学医学部附属病院三朝分院産科婦人科
高取 明正 岡山大学医学部附属病院三朝分院産科婦人科
出石 通博 岡山大学医学部附属病院三朝分院薬剤部
吉田 順子 岡山大学医学部附属病院三朝分院看護部
山上 桂子 岡山大学医学部附属病院三朝分院看護部
坂田 旬子 岡山大学医学部附属病院三朝分院看護部
谷崎 勝朗 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
抄録
三朝分院外来を訪れた女性患者を対象に尿失禁に関する18項目のアンケート調査を行った。その結果,全体の過半数が尿失禁の経験者であった。腹圧性尿失禁が大部分を占め,高齢になるほど 経産回数が多いほど頻度が高くなる傾向がみられた。そのうちの約1割に尿漏れの頻度と程度が重かった。以上より,尿失禁について積極的な啓蒙,診断,治療の必要性が認められた。
抄録(別表記)
The prevalence of urinary stress incontinence was investigated in 93 women consulting in our hospital by means of a questionnaire survey. The survey showed that 52.7% of the total cases experienced the loss of urine. 87% of the cases with the loss of urine were the cases with stress incotinence. The prevalence of incontinence increased with age up to 69.2% in the 60's. A positive correlation was found between the number of childbirths and the prevalence of incontinence.
キーワード
腹圧性尿失禁 (Urinary stress incontinence)
発行日
1991-08
出版物タイトル
環境病態研報告
出版物タイトル(別表記)
Papers of the Institute for Environmental Medicine, Okayama University Medical Scool
62巻
出版者
岡山大学医学部附属環境病態研究施設, 岡山大学医学部附属病院三朝分院
出版者(別表記)
Institute for Environmental Medicine, Okayama University Medical Scool
開始ページ
23
終了ページ
26
ISSN
0913-3771
NCID
AN10084718
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
mmc