著者 Inaba, Hideo| Horibe, Akihiko| Kim, Myoung-Jun| Hirofumi, Tsukamoto|
発行日 2007-09-19
出版物タイトル JSME International Journal Series B
44巻
3号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 Inaba, Hideo| Dai, Chuanshan| Horibe, Akihiko|
発行日 2007-09-18
出版物タイトル JSME International Journal Series B
47巻
1号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 Inaba, Hideo| Horibe, Akihiko| Takamoto, Naoki| Kawakami, Yoshiaki| Imai, Seishi|
発行日 2007-09-24
出版物タイトル JSME International Journal Series B
45巻
2号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 Inaba, Hideo| Kida, Takahisa| Horibe, Akihiko| Kaneda, Makoto|
発行日 2007-09-20
出版物タイトル JSME International Journal Series B
45巻
1号
資料タイプ 学術雑誌論文
JaLCDOI 10.18926/19660
フルテキストURL Mem_Fac_Eng_OU_33_2_25.pdf
著者 Song Baoyin| 稲葉 英男| 堀部 明彦|
抄録 A set mathematical models was developed for predicting the performance of an open-type flat-plate solar collector, and solved numerically through an implicit difference method. The effects of various parameters on the absorption of solar energy for the collector were investigated. The results showed that the solar energy absorptance of the open-type flat-plate collector was relatively high especially for the region where the weather was humid and hot, and there were an optimum length and an optimum tilt angle for the absorbing plate on which the collector could obtain the highest solar energy absorptance. It was found that the latent heat flux of water evaporation could be 5 to 15 times larger than the sensible heat flux. The effects of the magnitude of the solar incident flux, the atmospheric humidity, the atmospheric temperature, the absorbing plate tilt angle, and water film thickness on the temperature rising of the water film were clarified in numerical quantities. The increase of the solar incident flux, the atmospheric humidity or the atmospheric temperature also resulted in a rise in the energy absorptance of the collector.
出版物タイトル Memoirs of the Faculty of Engineering, Okayama University
発行日 1999-04-27
33巻
2号
開始ページ 25
終了ページ 37
ISSN 0475-0071
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002308992
JaLCDOI 10.18926/15354
フルテキストURL Mem_Fac_Eng_OU_34_1.pdf
著者 Song Baoyin| 稲葉 英男| 堀部 明彦| Takahashi Takashi|
抄録 The experiment for investigating the falling snow melting characteristics of warm water flowing along sheet channels spread on a roof was performed in Tookamachi city, Nigata prefecture from February 6 to February 7, 1995. The sheet surface temperatures at 11 positions in 3 channels were measured. A physical model for a gas-water-snow system was constructed to compare the predicted results with the measured ones. A fully spread uniform water film in the sheet channel was observed in the experiments. The experimental results elucidated that it was feasible to use warm water flowing along sheet channels for melting falling snow on roofs. The temperature drop in the sheet channel mainly depended on the snowfall intensity, atmospheric temperature and wind speed. Under the influence of the roof edge, the temperature drop in the channel next to the side edge was much larger than that in middle channels. A water-snow two phase flow or a snow covered frozen water was experienced temporarily in the lower reaches of the water flowing channel. These suggest that a larger water flow rate is needed for the channel next to the roof edge, and a higher inlet temperature or a greater water flow rate is required for a severe weather condition. There was reasonably good agreement between the measured and predicted water temperatures.
出版物タイトル Memoirs of the Faculty of Engineering, Okayama University
発行日 2000-03-27
34巻
1-2号
開始ページ 1
終了ページ 12
ISSN 0475-0071
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002307686
JaLCDOI 10.18926/14084
フルテキストURL Mem_Fac_Eng_OU_41_1_52.pdf
著者 稲葉 英男| Syahrul Husain| 堀部 明彦| 春木 直人|
抄録 The effects of heat and mass transfer parameters on the efficiency of fluidized bed drying have been studied to optimize the input and output conditions. The analysis was carried out using two different materials, wheat and corn. Energy and exergy models based on the first and second law of thermodynamic are developed. Furthermore, some unified non-dimensional experimental correlations for predicting the efficiency of fluidized bed drying process have been proposed. The effects of hydrodynamics and thermodynamics conditions such as the inlet air temperature, the initial moisture content and well known Fourier and Reynolds numbers on energy efficiency and exergy efficiency were analyzed using the developed model. A good agreement was achieved between the model predictions, non-dimensional correlations and the available experimental results.
出版物タイトル Memoirs of the Faculty of Engineering, Okayama University
発行日 2007-01
41巻
1号
開始ページ 52
終了ページ 62
ISSN 0475-0071
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002308668
著者 稲葉 英男| 堀部 明彦| 高本 直樹| 川上 理亮| 今井 誠士|
発行日 2000-10-25
出版物タイトル 日本機械学會論文集 B編
66巻
650号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 稲葉 英男| 堀部 明彦| 尾崎 公一| 山澤 隆行|
発行日 1997-06-25
出版物タイトル 日本機械学會論文集 B編
63巻
610号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 稲葉 英男| 堀部 明彦| 尾崎 公一| 山澤 隆行|
発行日 1997-12-25
出版物タイトル 日本機械学會論文集 B編
63巻
616号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 稲葉 英男| Ping Tu| 堀部 明彦| 尾崎 公一|
発行日 1998-02-25
出版物タイトル 日本機械学會論文集 B編
64巻
618号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 稲葉 英男| 春木 直人| 堀部 明彦| 尾崎 公一|
発行日 1998-05-25
出版物タイトル 日本機械学會論文集 B編
64巻
621号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 稲葉 英男| 堀部 明彦| 尾崎 公一| 横山 直樹|
発行日 1998-11-25
出版物タイトル 日本機械学會論文集 B編
64巻
627号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 稲葉 英男| 李 中民| 堀部 明彦| 尾崎 公一|
発行日 1999-03-25
出版物タイトル 日本機械学會論文集 B編
65巻
631号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 稲葉 英男| 堀部 明彦| 尾崎 公一| 江本 和生| 垣内 博行|
発行日 1999-07-25
出版物タイトル 日本機械学會論文集 B編
65巻
635号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 稲葉 英男| 尾崎 公一| 堀部 明彦| 下山 力生| 木田 貴久|
発行日 1999-11-25
出版物タイトル 日本機械学會論文集 B編
65巻
639号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 稲葉 英男| 堀部 明彦| 塚本 普文| 金 明俊|
発行日 2000-05-25
出版物タイトル 日本機械学會論文集 B編
66巻
645号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 稲葉 英男| 春木 直人| 堀部 明彦|
発行日 2000-07-25
出版物タイトル 日本機械学會論文集 B編
66巻
647号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 稲葉 英男| 堀部 明彦| 川上 理亮|
発行日 2000-11-25
出版物タイトル 日本機械学會論文集 B編
66巻
651号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 稲葉 英男| 木田 貴久| 堀部 明彦| 金田 淳|
発行日 2000-12-25
出版物タイトル 日本機械学會論文集 B編
66巻
652号
資料タイプ 学術雑誌論文