このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 15322
Eprint ID
15322
フルテキストURL
タイトル(別表記)
高齢者健常人および気管支喘息患者におけるカンジダ特異的IgGおよびIgG(4)抗体について
著者
谷崎 勝朗 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
貴谷 光 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
岡崎 守宏 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
御舩 尚志 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
光延 文裕 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
古藤 直樹 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
多田 慎也 岡山大学医学部第2内科
木村 郁郎 岡山大学医学部第2内科
抄録
Specific IgG and IgG(4) antibodies against Canadida albicans were exmined in 48 healthy and 69 asthmatic subjects to analyze the mechanism causing an increased production of these immunoglobulins. 1. The level of C.albicans-specific IgG and IgG(4) antibodies was higher, not significantly in IgG(4), in asthmatics under 30 years of age, compared with healthy subjects of the same age group. 2. Specific IgG and IgG(4) antibody levels in both healthy and asthmatic subjects showed a tendency to increase with aging, and significant difference was present between cases under 30 years and cases over 70 years of age. 3. Any difference in the production of specific IgG and IgG(4) was not observed in elderly cases older than 60 years between healthy and asthmatic subjects.
抄録(別表記)
高齢者(61才以上)の健常人48名および気管支喘息患者69例を対象に,カンジダ特異的IgGおよびIgG(4)抗体を測定し,その増加の機序について若干の検討を加えた。なお,対照としては,30才以下の健常者および気管支喘息患者を選んだ。1.カンジダ特異的IgGおよびIgG(4)抗体価は,30才以下では,健常人に比べ気管支喘息症例で高い傾向が見られ,特異的IgG抗体では両者間に有意の差が見られた(p<0.05)。2.カンジダ特異的IgGおよびIgG(4)抗体は,健常人および気管支喘息症例いずれも加齢とともに増加する傾向が見られ,71才では,30才以下の症例に比べ有意に高い抗体価を示した。3.61才以上の高齢者では,特異的IgG,IgG(4)抗体いずれにおいても,健常人と気管支喘息患者との間に有意の差は見られなかった。
キーワード
Candida albicans (カンジダ特異的IgG)
Specific IgG
IgG(4)
Bronchial asthma (気管支喘息)
Aging (加齢)
発行日
1992-06
出版物タイトル
岡大三朝分院研究報告
出版物タイトル(別表記)
Annual Reports of Misasa Medical Branch, Okayama University Medical School
63巻
出版者
岡山大学医学部附属病院三朝分院
出版者(別表記)
Misasa Medical Branch, Okayama University Medical School
開始ページ
58
終了ページ
62
ISSN
0913-3771
NCID
AN10430852
資料タイプ
紀要論文
言語
English
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
mmc