このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 18774
Eprint ID
18774
フルテキストURL
Thumnail 73_251.pdf 6.67 MB
タイトル(別表記)
Two Autopsy Cases That Were Hardly to Determine the Cause of Death for High Degree of Putrefaction
著者
神田 瑞穂 岡山大学医学部法医学教室
上村 修 岡山大学医学部法医学教室
奥山 正己 岡山大学医学部法医学教室
服部 久 岡山大学医学部法医学教室
抄録
Authors have had occasions to perform autopsy on two bodies that were hardly to determine the cause of death for the high degree of putrefaction. One corpse. covered with flanket, was laid on ford and the other was discovered at the river side. In each instance, we could succeed the detection of vegetative plankton in the organs of general circulatory system. and then revealed that the cause of death were attributed to drowning.
発行日
1961-06-30
出版物タイトル
岡山医学会雑誌
出版物タイトル(別表記)
Journal of Okayama Medical Association
73巻
4-6号
出版者
岡山医学会
出版者(別表記)
Okayama Medical Association
開始ページ
251
終了ページ
256
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489
資料タイプ
学術雑誌論文
オフィシャル URL
https://www.jstage.jst.go.jp/article/joma1947/73/4-6/73_4-6_251/_article/-char/ja/
関連URL
http://www.okayama-u.ac.jp/user/oma/
言語
Japanese
著作権者
岡山医学会
論文のバージョン
publisher
査読
有り
Eprints Journal Name
joma